成田美寿々が今年からパッティングのコーチとして南秀樹プロと契約。新しい試みとして注目を集めているが、成田のパッティングはどう進化したのか? 「フォローで打つ」という南の教え。その真意をじっくり聞いた!

フォローで打つ=「お腹で打つ」

「パッティングでもっとも大切なことは、インパクトの音です。上手い人はみんないい音をさせています。いい音がしないのはインパクトしようと意識しすぎているから。そこで、重要になるのがフォローで打つことです」

南プロによれば、「フォローで打つ」のがパッティングの最大のコツだという。

「手打ちではフォローは出ません。体を使ってフォローを出すからきれいな順回転がボールにかかる。結果、いい音が出て距離感も合うんです」(南、以下同)

画像: かつてはヘッドをどう引くかばかり考えていたという成田美寿々。今は腕に力を入れず、腹筋でストロークしている

かつてはヘッドをどう引くかばかり考えていたという成田美寿々。今は腕に力を入れず、腹筋でストロークしている

南プロによれば、多くのゴルファーはテークバックを気にしすぎで、真っすぐ引こうというのがそもそもナンセンスなのだという。パターにもライ角があることから、多少インサイドに、ショットの近いイメージで上がるのが正解なのだ。その上で、南プロはそれを身につけるための最適なドリルを教えてくれた。

「インパクトの形を作って、フォローだけで打つ練習が効果的です。ほとんどの人はテークバックが大きすぎます。結果、インパクトがゆるみ、ミスパットになる。腹筋に力を入れて小さいバックスウィングでフォローを大きく出すストロークが理想的です」

画像: 「20メートルのパットなら、これくらい大きなフォローでいいんです」(成田)

「20メートルのパットなら、これくらい大きなフォローでいいんです」(成田)

上の写真は20メートルをフォローだけで打った様子。このとき、フィニッシュの形がショットのようになっているのがミソ。体を使っている証拠で、ヘッドが出るからボールに順回転がかかる。腹筋だけに力を入れ、体を使うことで、ヘッドを長く出せるようになる。成田いわく「体幹で打つイメージ」だ。

手ではなく、体を使い、テークバックよりフォローを重視する。それにより、インパクトが点から線になり、ミート率が上がって、距離感が合う。ぜひ、実践してみよう。

画像: 南秀樹(みなみ・英樹)1974年生まれ、香川県出身。自身が苦手だったパットを徹底的に研究し、現在では多くのプロを指導(写真左)、成田美寿々(なりた・みすず)1992年生まれ、千葉県出身。ツアー通算7勝を挙げている実力者(写真右)

南秀樹(みなみ・英樹)1974年生まれ、香川県出身。自身が苦手だったパットを徹底的に研究し、現在では多くのプロを指導(写真左)、成田美寿々(なりた・みすず)1992年生まれ、千葉県出身。ツアー通算7勝を挙げている実力者(写真右)

この記事は、発売中の週刊ゴルフダイジェスト6/6号の「成田美寿々がパットに開眼!コーチが伝えた『このひと言』」を抜粋・編集したもの。本誌を読んで3パットをしないためのコツを会得しよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.