2017年前半、全米プロ王者のジミー・ウォーカーが42.5インチ、リッキー・ファウラーが43.5インチのドライバーを使用して結果を出したことで話題となった「短尺ドライバー」。ドライバーが左右にとっちらかってどうにもならないという編集部Fが短尺をテストしてみたところ……衝撃の結果が待っていた!

「M1」の3番ウッドのシャフトを、ドライバーにつけてみた

編集部Fはヘッドスピード43〜44m/sと、一発の飛びに自信アリのパワーヒッター。だが、なにぶんにもミート率が悪く、ボールは右へ左へとっちらかって、スコアを悪化させるのが悩みの目標=100切りゴルファーだ。

そんなFに、編集部の同僚でありプロゴルファーの中村修が声をかけた。

中村「Fさんさあ、そんなに曲がるんだったら、いっそ短尺にしてみたら?」

F「短尺ですか。うん、結構です」

中村「結構ですって……どうせ飛ばないと思ってるんでしょ。でも、ファウラーもジミー・ウォーカーも短尺ドライバーで飛ばしてるし、結果も出してるよ」

F「そりゃ、海の向こうのトップ選手の話ですよ。僕らおじさんゴルファーが短尺にしたって、飛ばなくなるだけですって。そりゃ、多少は曲がらなくなるかもしれないけど」

中村「ティショットの目的は、飛ばすことじゃなくて2打目が打ちやすい場所にボールを置くことですよ。ま、ともかく一回試してみましょうよ」

F「えーっ、でも、シャフトを切るの嫌だなぁ」

中村「心配ご無用。Fさんが使ってるテーラーメイドの“M1”は、ドライバーと3番ウッドに同じシャフトを付けられるんです。3番ウッドのシャフトをドライバーにつけるだけで完成ですよ」

画像: 長さは約2インチ違う

長さは約2インチ違う

というわけで、試打を行ってみることに。場所は、東京・新小岩のパフォーマンスゴルフスタジオだ。まずは、ドライバーのシャフトで打ってみる。M1の2017年モデル、ロフトは10.5度だ。5球打った、結果がこちらだ。

画像1: 「M1」の3番ウッドのシャフトを、ドライバーにつけてみた

さすがM1ドライバー、飛距離性能は高いが、総じて普通。普通のアベレージゴルファーが普通に打った普通の結果だ(ちなみに、明らかなミスショットは除外しています)。

それではいよいよ、とドライバーに3番ウッドのシャフトを装着する。やり方は簡単で、レンチでドライバーと3番ウッドのシャフトを外し、3番ウッドのシャフトをドライバーに装着するだけ。カンタンだ。

そして打ってみる。短尺効果はいかに!? と期待して見守る取材陣だったが、結果は測定不能レベルのミス連発。こりゃ企画倒れか!? と青ざめそうになった瞬間、プロゴルファーの中村修がこう言った。

「そりゃそうですよ。3番ウッドは短いぶんだけシャフトが重い。ドライバーのヘッドをそのままでは、軽すぎてバランスが悪いんです」

画像: シャフトを短くしたらヘッドを重くするのを忘れずに。鉛をベタッと貼ってみた

シャフトを短くしたらヘッドを重くするのを忘れずに。鉛をベタッと貼ってみた

言われてみればその通り。基本的にゴルフクラブは、「短くなるほど、重くなる」のが基本。というわけで、バランスを整えるため、ドライバーのヘッドに10グラムほど鉛をべったりと貼って、再度テスト。今度は見違えるようにショットが安定した。その結果が以下。

画像2: 「M1」の3番ウッドのシャフトを、ドライバーにつけてみた

平均飛距離、最長不倒ともに10ヤード弱落ちたが、その分左右の曲がりが少なくなり、ミート率も向上した(ミート率は最大で1.5)。なんというか、思ったよりも飛距離の減衰が少なかったという印象だ。

「いいですね。短くなった分、クラブの入射角がやや鋭角になり、そのことによって打ち出し角が下がっています。ヘッドスピードが減ったこともあり飛距離は少し落ちていますが、フェアウェイキープ率は18ホール中14ホール使い続けたら、大きく良くなる可能性を秘めています」(中村)

画像: 317グラムと、かなり“重め”にはなるものの、しっかり振り切れて意外と飛んだ。安定性は言わずもがな。これ、いいかも!

317グラムと、かなり“重め”にはなるものの、しっかり振り切れて意外と飛んだ。安定性は言わずもがな。これ、いいかも!

たしかに。セッティングに余裕があれば、狭いホール専用のセカンドドライバーにするのもアリな気がするし、この程度の飛距離差ならば、こちらをエースにしちゃってもいいかもしれない。Fさん、そのあたりどうですか?

「うーん、それでもやっぱり一発の飛びは絶対的に落ちますよね? 飛ばしは男のロマンですから、やっぱり通常の長さでいこうと思います」(F)

アマチュアゴルファーへの飛びへの欲望恐るべし。しかし、「飛ばしよりスコア」という考えを持つことができる方には、検討に値する結果となった。ただし、試す際は、短尺にした分ヘッドを重くすることを忘れずに!

This article is a sponsored article by
''.