雨の多い季節になっているが、プロたちは試合中にどんなことに気を付けているのだろうか。私たちアマチュアでも真似できるちょっとした“プロの裏技”を注目の若手・三ヶ島かなプロに教えてもらった。

意外や意外! そんなところ拭くの?

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ 梅雨に入ったとはいえ今年は雨が少ないですね。梅雨の合間の晴れの日って、空気が美味しい感じがするのは私だけでしょうか? とはいえ、ゴルフをしていればいつか必ず雨の日にぶつかります。そんなときに気をつけられることがあるかどうか、プロたちのお話を聞いてきました!

今回教えてくれたのはQTランキングトップ、実力も可愛さも折り紙付きの期待のルーキー三ヶ島かなプロ。笑顔が可愛い21歳です。M子が注目している若手プロのうちのひとりですよー!

M子:三ヶ島プロ、お疲れ様です。雨の日にアマチュアの皆さんができるちょっとした工夫があったら教えてください!

「雨の日ですか……あ、それなら“フェース”を拭くといいですよ!」

画像: フェース、濡らしっぱなしじゃないですか?

フェース、濡らしっぱなしじゃないですか?

M子:ん? ボールじゃなくてフェースですか?

「ボールを拭く方は多いの思うのですが、ボールを拭いただけではまだ水分や泥の影響を受けやすいんです。水分や泥の影響で球が上がりにくくなったり、逆にバックスピン量が減って予想以上に飛んでしまうことも。フェースを拭くことで水分や泥の影響を受けにくくなると思います」

M子:それはどのクラブでもそうなんですか?

「もちろん! ドライバーもアイアンもパターも、濡れたら拭くようにしてみてください。水分や泥の影響を受けにくいプレーができると思います。ぜひアマチュアゴルファーの皆さんにもやってみてほしいですね!」

画像: 皆さんもぜひやってみてくださいね!

皆さんもぜひやってみてくださいね!

とのことでした。雨の日ゴルフの予定がある方、早速やってみてくださいね! たくさん使うことを考えて、タオルは多めにもって行きましょう(*ノωノ) 笹原優美プロの雨の日ゴルフの裏技も見てみてくださいねー!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.