2017年のアース・モンダミンカップで、今シーズン2勝目を挙げた鈴木愛。賞金ランキングでも首位のキム・ハヌルに約90万円差と追い上げた。そのスウィングを、プロ資格を持つ「みんなのゴルフダイジェスト」編集部員中村修が解説します。とにかく注目は、でっかいバックスウィングだ!

右への体重移動がデカい! 深い!

鈴木愛選手のスウィングの特徴は一目瞭然、テークバックで右への体重移動が大きいですよね。頭が右ひざの上に乗るように大きく移動することで、右サイドにしっかりと体重が乗っています。それでいて、右の股関節も伸び上がることなく深く捻転されています。背中だけでなく腰までターゲットを向くくらいの深い捻転が特徴です。まさしく彼女の飛距離の源になっている動きです。

画像: 頭が右ひざの上に収まるくらい右へ移動しながらテークバックする

頭が右ひざの上に収まるくらい右へ移動しながらテークバックする

右にしっかり体重移動すると、ビハインド・ザ・ボールになりやすい

トップからの切り返しで、頭はやや飛球線方向に戻るもののしっかりとビハインド・ザ・ボールを守ってインパクトしています。ビハインド・ザ・ボールでボールを打てない、頭が左に突っ込んでしまうアマチュアゴルファーは、一度右にしっかりと体重移動をしてみて下さい。トップが深くなることで切り返しの”間”が作りやすく、下半身から始動するダウンスウィングをしやすくなるメリットがあります。

画像: 思い切って右へ移動しながらバックスウィングをとると、下半身リードでビハインド・ザ・ボールのインパクトを実現できる

思い切って右へ移動しながらバックスウィングをとると、下半身リードでビハインド・ザ・ボールのインパクトを実現できる

上体を右に移動することで、体に無理なく深いバックスウィングが取れるようになり、しっかりと体を使うので、手打ちになりにくくミート率もアップします。今シーズン賞金女王も視界に入っている鈴木愛選手のバックスウィングを参考に、打ち急がないようにスウィングすると、飛距離も、方向性も良くなると思いますよ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.