朝イチのティショットに緊張したのか、なんとチョロ……。ボールはティグラウンドの端っこギリギリで止まったので、アンプレヤブルを宣言。この場合、打ち直しはティグラウンド内ならどこから打ってもいいのよね?
画像: 打ち下ろしのホール。ティグラウンドの右側でティアップ。慎重に狙いをつけていきたいところ

打ち下ろしのホール。ティグラウンドの右側でティアップ。慎重に狙いをつけていきたいところ

朝イチのティショット。「今日も1日、よろしくお願いしまーす!」ティグラウンド右側でティアップしたものの……。

画像: 「ああっ!!」コロコロコロ……

「ああっ!!」コロコロコロ……

ティショットは気合を入れ過ぎたのか力んでしまい、なんとチョロ! ボールはコロコロと転がってしまった!

画像: 「こんなところで止まるなんて……!! これでは打てないわ~」

「こんなところで止まるなんて……!! これでは打てないわ~」

「スタートホールからトラブルなんて……! ここから打つのはちょっと難しいわね」
「アンプレヤブルにして、打ち直したほうがいいんじゃないかしら?」

画像: 「今度はティグラウンド左側から打ってみようっと」「え?ちょっと待って!!」

「今度はティグラウンド左側から打ってみようっと」「え?ちょっと待って!!」

「そうね、打ち直すわ。次はティグラウンドの左側からにするわね。よいしょっと」

「え!? ちょっと待ってよ。アンプレで元の位置から打ち直す場合、最後に打った場所のできるだけ近くでプレーする決まりよね? ティショットの打ち直しの場合はもちろんティアップしてもいいけれど、ティアップする場所を変えて打つのはダメよ」

「たしかに、元の位置から打つときは前打位置のできるだけ近い場所と決められているけれど、ティグラウンドだけは別だった気がするわ。ティグラウンド内であればどこにティアップして打っても問題ないはずよ」

さて2人の見解、正しいのはどちら?

アンプレヤブルで打ち直し

  • ティグラウンド内ならどこから打ってもいい

    自分の球をアンプレヤブルとみなし、「ストロークと距離に基づく処置」を選択した場合、1打罰のもとに、最後にプレーした場所のできるだけ近くで球をプレーする必要がある。ただし、前打位置がティグラウンドだった場合は、ティグラウンド内のどこからでもプレーすることができ、ティアップすることもできる(規則20-5)。

  • ティアップはいいけど場所を変えちゃダメ

    自分の球をアンプレヤブルとみなし、「ストロークと距離に基づく処置」を選択した場合、1打罰のもとに、最後にプレーした場所のできるだけ近くで球をプレーする必要がある。ただし、前打位置がティグラウンドだった場合は、ティグラウンド内のどこからでもプレーすることができ、ティアップすることもできる(規則20-5)。

  • ティグラウンド内ならどこから打ってもいい
    62
    1281
  • ティアップはいいけど場所を変えちゃダメ
    38
    782

週刊ゴルフダイジェスト7月11日号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.