ティグラウンドに上がっていざショット! そんなときに先輩ゴルファーから「フェアウェイを狙って打て」と言われた。あの〜、ところでそもそもフェアウェイってどこのことを言うんでしたっけ?

「フェアウェイ」は、ティグラウンドからグリーンまでの芝を短く刈り込んだ範囲

「フェアウェイ」とは、ティグラウンドからグリーンまでの芝を短く刈り込んだ範囲を指す。芝が長く伸ばされた「ラフ」よりもはるかに打ちやすいため、フェアウェイをキープすることができればスコアをまとめやすくなる。

画像: ティショットではフェアウェイキープが大切だ

ティショットではフェアウェイキープが大切だ

フェアウェイは元々航海用語で、その意味は「安全な航路」のこと。つまり、そこにボールがありさえすればまず安全。だからこそ、ティショットでは“フェアウェイキープ”が大切なのだ。逆に、そこを外してラフやバンカー、池などのハザード(障害地)につかまると、スコアには危険信号が灯る。

このように、フェアウェイとは「ティグラウンドからグリーンまでの芝を短く刈り込んだ」場所を言う。少しでも遠くに飛ばそうとドライバーを振り回さずにまずは確実にフェアウェイキープ。それがスコアアップの第一歩ですよ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.