米田貴コーチは「スコアを向上させるには130ヤードの距離を得意にすること」と話す。コース上で遭遇頻度の高い距離だけに、80台を狙う人には重要だ。乗せておきたい130ヤードの賢い考え方&打ち方をレッスンしてもらおう。

最適な番手と打ち方でグリーンをとらえる

残り130ヤードだと、ショートアイアンで打てる距離。ここはピンにビタッと……。

「気持ちは分かりますが、80台で回りたいなら、その欲はとりあえず捨ててください!」(米田、以下同)

きっぱり捨ててしまうの?

「まずは、ピンがどこに立っていても、一番広いグリーンセンターを狙うんです。前後左右に少しぐらいミスしても、グリーンのどこかには残ります。ピンを狙って、ピンサイドの寄せにくい場所に外して、結果ダボ、という記憶があるはずです」

たしかに。でも、ラフや傾斜地だと、安全に真ん中狙いでも、グリーンを外してしまうこともある……。

「『130ヤードは8I』と番手を決めちゃっていませんか? 同じ距離でも状況に応じた番手選びが重要です。番手選びと状況に合った打ち方でミスヒットを減らせば、ナイスオンの確率がグンと上がりますよ」

画像: グリーンの真ん中狙いが基本!

グリーンの真ん中狙いが基本!

ライごとの正しい打ち方を覚えよう

【フェアウェイ】引っかけを警戒してボール半個右に

「130ヤードを8I前後で打つ人が警戒すべきは左奥への引っかけ。ボールを通常より半個右に置き、引っかけ予防でセンター狙いです」

画像: いつもよりボール半個右

いつもよりボール半個右

【夏ラフ】ボールを左に置いて高い球をイメージ

「ラフからの飛びすぎやランを計算して、普段が8Iなら、番手を下げて9Iで打ちましょう。通常よりボールを左に置いて、しっかり振り抜きます。前ではなく、上に高く飛ばすイメージを持ちます」

画像: 上に飛ばすつもりでマン振りです

上に飛ばすつもりでマン振りです

【つま先上がり】2番手上げてハンドアップに構える

「つま先上がりから8Iを打つと、強いフックになりやすく、グリーンに止めるのが難しい。6Iを短く持ち、ボール近く立ってハンドアップ気味に構えると、真っすぐ飛びやすいので、センターを狙って打てます」

画像: ヒールを浮かせ、ヒール寄りに構える

ヒールを浮かせ、ヒール寄りに構える

スコア「80台」を狙う人にとって重要な130ヤード。状況によって打ち方を変えることができれば、しっかりとグリーンに乗せることができるようになるのだ。

写真/増田保雄

(週刊ゴルフダイジェスト2016年8/15号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.