独自かつわかりやすい飛距離アップレッスンに定評のある“雑巾王子”こと武市悦宏プロ。以前は飛ばなかったが、独自に編み出した「ツイスト打法」によって、たった1年間で300ヤードまで飛距離アップに成功。その「ツイスト打法」の秘密をペットボトルティショットの動画から読み解こう。

微動だにしないペットボトルに注目

画像: #2『秘技!ペットボトル ティショット』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#2『秘技!ペットボトル ティショット』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

ペットボトルの上に置かれたボール。この状態からペットボトルを倒さずボールだけをフルショットで打ち抜いて飛ばす。しかしこれは飛ばしのコツを知っている人には決して難しいショットではないという。ペットボトルが微動だにせず、ボールだけがぶっ飛んでいく映像に一瞬目を疑いそうになるが、ヘッドの動きに注目すると飛ばしに必要な秘密が少しずつ見えてくる。

フェースを返さない人は打てない

ボールだけを打ち抜くにはどうすればいいか。普通はボールの横からヘッドを水平に入れて振ると考えるが、この動きをすると絶対にペットボトルを打ってしまうという。ボールだけを打ち抜くには、なんと「フェースを返す」動きを積極的に入れる必要があるのだ。

画像: ボールだけを正確に打ち抜くにはフェースターンを積極的に使うこと

ボールだけを正確に打ち抜くにはフェースターンを積極的に使うこと

「ペットボトルの上に置かれたボールだけを打つには、フェースを返す動きがない限りできません。フェースを返す動きが強ければ強いほど、ヘッドは必ず上から下りてきます。ヘッドを横から入れる意識があるとヘッドは下から上への軌道になるため、ペットボトルを打ってしまいます。飛距離アップさせるためには絶対にフェースターンが必要。だからこの状況でも飛ばしのコツがわかっている人ならカンタンにできるはずです」(武市プロ)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.