独自かつわかりやすい飛距離アップレッスンに定評のある“雑巾王子”こと武市悦宏プロ。独自に編み出した「ツイスト打法」で、1年間で300ヤードまで飛距離アップに成功。そのツイスト打法なら、ティアップせずに地面にあるボールでも、転げ落ちそうなくらい急斜面にあるボールでも難なくナイスショットできるというのだが……!?

どんなライでも打てないはずはない

ツイスト打法をごくごく簡単に言えば、常識とされるボディターンを意識せず、「手を返す」動きでヘッドを走らせ、ボールをつかまえて飛ばす打ち方。切り返したらすぐに、自動車のハンドルを左に切るようなイメージで手を返す。それにより、振り遅れることなくインパクトできるというのがその骨子だ。

画像: #3『絶壁斜面ぶっ飛びドライバー』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】 youtu.be

#3『絶壁斜面ぶっ飛びドライバー』武市悦宏のドライバー飛距離アップの極意【ゴルフライフwithTOYOTA】

youtu.be

「ツイスト打法」はただ飛ばすだけではない。どんなライからでも確実にボールをとらえることができる万能なメソッドでもある。その証拠に目の前に斜面が立ちはだかるライでも、ドライバーで確実に打てるという。飛ばしのコツにも直結するこのショットの、脚と手の動きに注目してみよう。

飛ばない原因のほとんどが振り遅れ。ましてや、斜面にボールがある場合、振り遅れると大ダフリしてしまう。このような極端なつま先上がりのライでも難なく打てるのは、振り遅れず「体の正面でインパクト」できているからなのだ。

「体の正面で打つ」ことができるのがツイスト打法の利点だ

「パワーをボールに伝えるには、体の正面でインパクトすることが絶対条件です。当然、体の正面でインパクトできればどんなライでも関係なく打てるはずです。体を回転させて飛ばそうとしている人は、振り遅れになりやすいのでこのようなショットは絶対にできないはずです。飛ばしのコツをつかむと飛距離アップはもちろん、どんなライからでも打てるようになるので、必ずスコアアップにも結びつきます」(武市プロ)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.