絶賛発売中の月刊ゴルフダイジェスト2017年10月号では、アマチュアゴルファーの頼れる相棒であるユーティリティ31本を徹底比較。その中から厳選8モデルをドーンとプレゼント。さらに欲しいロフト2本とシャフトも選べる。ぜひ、ご応募を!

ロフト違いを2本セットで8名に!

早速プレゼントの8モデルを、試打を担当した「ゴルフフィールズユニオンゴルフ店」の店長&クラフトマンの小倉勇人氏のコメントとともに紹介しよう。すべてのユーティリティはロフトとシャフトを選べるので、そこもチェックしてもらいたい。

画像: 編集部で振り分けた4タイプの最新UT8モデルをプレゼント

編集部で振り分けた4タイプの最新UT8モデルをプレゼント

【1】上級者が満足できる顔の良さ プロギア「RS」

「顔つきがキレイで、フェースの弾き感も心地いいい。重心距離長めで、ヘッドも重め。ボールを左に行かせたくない人向きですね。出っ歯だけどグースのように見せる作り込みも上級者好み」(小倉)

選べるロフト 19・22・25・28度
選べるシャフト M43(S)・M40(SR)・M37(R)※28度はM40・M37のみ選択可能

画像: 弾き感があって左に引っかけにくい「プロギアRS」

弾き感があって左に引っかけにくい「プロギアRS」

【2】芯が広くてやさしくつかまる  ピン「G400」

「前作までは低スピンで直進性の高さが強みでしたが、新作は重心角が大きめで、つかまり性能も高く、なおかつ操作性も高いモデルになっています」(小倉)

選べるロフト 17・19・22・26・30度
選べるシャフト ALTA J CB フレックスTS・S・SR・R

画像: 直進性に操作性をプラスしたピン「G400」

直進性に操作性をプラスしたピン「G400」

【3】つかまる高弾道! ブリヂストン「ツアーB JGR HY」

「スピンが多めでつかまってボールが上がりますね。クラブの振りやすさも抜群。22度はつかまり過ぎず、25度は球がつかまります」(小倉)

選べるロフト 19・22・25度
選べるシャフト TG1-HY フレックスS・R

画像: 【3】つかまる高弾道! ブリヂストン「ツアーB JGR HY」

【4】つかまって、ミスヒットに強いのが魅力 テーラーメイド「M2レスキュー」

「フェースがやや左を向いているし、ライ角もアップライトなので、球がつかまります。しかも上がりやすくてミスヒットに強いUTと言えます」(小倉)

選べるロフト 19・22・25・28度
選べるシャフト  TM5-217 フレックスS・R

画像: 【4】つかまって、ミスヒットに強いのが魅力 テーラーメイド「M2レスキュー」

【5】アスリートが振りにいける スリクソン「ZH65」

「小ぶりで丸型のUTらしい形状でしっかりターゲットを狙いやすい。シャフトの手元側に重さを感じて振りにいけるから左に行きません」(小倉)

選べるロフト 16・19・22・25・28度
選べるシャフト Miyazaki Kaula for HYBRID フレックスS・R

画像: 【5】アスリートが振りにいける スリクソン「ZH65」

【6】長尺効果で飛ばしていける  フォーティーン「ゲロンディCU115」

「長尺とフェースの弾きで飛ばしていけるユーティリティです。球が上がってスピンも入るので、真上から落ちるようにグリーンを狙えます」(小倉)

選べるロフト 21・24・27・30度
選べるシャフト  MD-350gu フレックスS・R

画像: 【6】長尺効果で飛ばしていける  フォーティーン「ゲロンディCU115」

【7】ウッド感覚でやさしく打てる テーラーメイド「グローレF2」

「白いクラウンと黒いフェースのコントラストで構えやすいし、やさしい顔つきをしています。ロフト22度でも球がつかまるし、高弾道で飛びます」(小倉)

選べるロフト 19・22・25・28度
選べるシャフトGL6600 フレックスS・R

画像: 【7】ウッド感覚でやさしく打てる テーラーメイド「グローレF2」

【8】曲がりにくく球が上がる キャスコ「パワートルネードUTウェッジ」

「とにかくボールが上がります。出だしのスピードが速いし、サイドスピンが少なくて曲がりにくい。さすがUTの名門メーカーですね」(小倉)

選べるロフト 16・19・21・23・25・27・29・31度
選べるシャフト STABIL SHAFT フレックスS・R

画像: 【8】曲がりにくく球が上がる キャスコ「パワートルネードUTウェッジ」

以上8モデルを、1モデルにつきロフト違いで2本ずつ、計8名にプレゼント! プレゼント応募は下記のバナーをクリック。シャフトのフレックスも選べる!

画像: reg34.smp.ne.jp
reg34.smp.ne.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.