シングルさんも、プロだって、誰もが最初は初心者ゴルファー。思い返すだけで恥ずかしいミスや勘違いは、誰もが経験しているもの。そこで今回は、初心者さんにありがちな、ゴルフ場で使う小物に関わる「あるある」ネタをご紹介!

ゴルファー、みな最初は初心者

こんにちは! ビギナー編集Aです。最近、先輩ゴルファーのみなさんに初心者だったときの話を聞いてみると、「それ、あるある!」と私にも思いあたるふしがあって、「すごく上手なあの先輩にも初心者だった頃があったんだなぁ」と一気に親近感が湧きました。

ということで、そのうち特に“これだ!”と思った3つをご紹介しましょう。どれも、ゴルフ場で使う小物に関するものです。

小物あるある1:「ティの長さがなんで違うかわからない」

初ラウンドが決まった途端、ゴルフショップへ行き色々な道具をそろえます。ティのコーナーに行き思います。「なんで長さ違うんだろう……」

画像: ショートティとロングティ

ショートティとロングティ

(ドライバーでティが必要なのはわかる。この短いのは……?)

ここで数分悩みます。ここで、どうせならどっちも買っちゃえ派と、大は小を兼ねるだろう派に分かれます。ちなみに私は大は小を兼ねる派で、ラウンド当日のパー3では先輩にショートティをお借りして打ちました。

初心者のみなさんの中にはいまいちわかっていない方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明します。ロングティはほぼドライバー専用で、高いティアップが必要なクラブで打つ時のティ。

ショートティは、主にパー3のホールでアイアンやユーティリティを打つときにボールを少しだけ浮かせて打ちたいときに使います。もちろんティアップしないで打ってもいいのですが、芝の抵抗なくクリーンにヒットしやすくなりますよ。ということで、初心者はどちらも用意しておきましょう!

小物あるある2:スコアカウンターが上限を超える。その後、なくす

初心者の頃に“スコアカウンター”を買った人も多いはず。1打打つたびにカチッとやっていく便利グッズです。しかし、初心者たるものコース内を走り回るもの。走りながらカチッ、走りながらカチッ、走りながらカチッ……気がつくと「もうこれ以上カウントできないじゃないか!」ということになるんです。最大数値は12。12以上打ったらこのスコアカウンターではもう数えられないんです。

画像: いつの間にかリセットされて「0(ゼロ)」に

いつの間にかリセットされて「0(ゼロ)」に

そしてもうひとつ。よし、打った。よしカチッ……ない! そう、なくすのです。すぐなくします。広いコースの中にはきっといくつものスコアカウンターが落ちていることでしょう。

初心者さんへのアドバイスとしては、12までいってしまったらゼロに戻してそこに12を足していくことくらいでしょうか。スロープレーにならないように気をつけながらカチッしましょう。なくさないようにするには、グローブを留めるベリベリのところにしっかりと噛ませましょう。

小物あるあるその3:「せっかくセットで買ったのに……」

最後はマーカー。キャップにつけられるタイプのマグネット式マーカーにしようと思って、可愛いセットを買います。マグネット式マーカーというのは、マグネットの受け側をキャップにセット、磁石のマーカーをいつでもここにくっつけておけるので無くすことがないんです。

でも、最初の頃はマーカーがキャップにあるということに慣れていないので、ポケットにしまったりして。そのうちマーカー側を無くしてしまって、まったく関係のないマーカーがくっついているんですよね。

画像: Pontaにゴルフ寺のマーカーが……!

Pontaにゴルフ寺のマーカーが……!

初心者さんへのアドバイスとしては、モノを入れる場所をきっちりと決めている人にはマグネット式が合っていると思います。ただ、ずぼらな人は、コースの押しマーカーをいくつかポケットに入れておくのがいいかもしれません。

いかがでしたか? ゴルフを始めたばかりの方には、「あるある!」と思っていただけたでしょうか。まだコースデビューしていないという初心者さんはぜひ気を付けてみてくださいね!

This article is a sponsored article by
''.