賞金1000万円超えの選手もいるなど盛り上がりを見せるステップアップ(女子2部)ツアー。次世代を担うプロたちの戦いの舞台で、ある練習器具が流行っているとのウワサをキャッチ。その名はアドレスキーパープロ「マモル君」。どこかで聞いたことあるような名前だけど、いったい何を守ってくれるのだろう……?

“悪いクセ”がみるみる消えていく

実際に、ステップアップ(女子2部)ツアーの会場に行ってその練習器具を探してみると、いるわいるわ、みんな「マモル君」を使って球を打っている。

画像: 女子プロたちの足元にあるのが、噂の練習器具「マモル君」だ

女子プロたちの足元にあるのが、噂の練習器具「マモル君」だ

「マモル君」とは、1個で何種類もの練習法ができる練習器具。プロそれぞれ使い方を工夫し、練習法も多いという。

画像: これが「マモル君」。先端が赤いアンテナはグーンと伸びる

これが「マモル君」。先端が赤いアンテナはグーンと伸びる

「普段は手元の位置に置いて練習しています」(井上りこ)

年間トップ10入りが4回と数多く優勝争いをしている井上りこプロに「マモル君」の効果を聞いてみた。

画像: 井上プロは、「マモル君」を正面に置きアンテナを伸ばして使っている

井上プロは、「マモル君」を正面に置きアンテナを伸ばして使っている

「私はスウィングが悪くなってくると手元が浮いてくるんですが、このマモル君を手元の位置に置いて練習することで、インパクトで手元を低い位置に収めることができるんです。普段の練習でよく使っていますよ」(井上)

画像: 試合前の調整や、日々の練習で使っている

試合前の調整や、日々の練習で使っている

この他にも入射角のチェックやスウィングプレーンのチェックなど、スウィングを無意識で矯正できるすぐれものなのだ。

「パター練習には欠かせない存在です」(吉野茜)

もうひとつプロに人気なのがパター練習。ステップアップツアーの中で平均パット数が4位、パットの上手さを生かし2勝目を狙う吉野茜プロにも効果を聞いてみた。

画像: 「小さくまとまるのでキャディバッグに簡単に入れられるんです」(吉野)

「小さくまとまるのでキャディバッグに簡単に入れられるんです」(吉野)

「勝ち切るために必要なパットの安定性。それを叶えてくれるのが、この『マモル君』なんです。棒に沿って打っていくだけで自分のヘッド軌道が一目瞭然になるし、ストロークもしっかりと低く打ち出せます。パター練習には欠かせない存在です」(吉野)

画像: 吉野プロは、2~3メートルパットで活用している

吉野プロは、2~3メートルパットで活用している

他にも、期待の若手の江澤亜弥プロと江澤亜季プロの江澤姉妹や、ステップアップツアー賞金ランキング2位の福山恵梨プロも「マモル君」を使っていた。

「きれいなスウィングを目指すには、とてもいい練習器具です」(横田)

ショット練習やパタ練に人気のある「マモル君」。開発を監修した横田英治プロによれば「マモル君」は、かなり万能なんだとか。

画像: 「マモル君での練習をしっかりとこなすことで、きれいなスウィングかつきれいな球が生まれるんです」(横田)

「マモル君での練習をしっかりとこなすことで、きれいなスウィングかつきれいな球が生まれるんです」(横田)

「マモル君は、少なくとも6つの練習法+パター練習があります。マモル君のすごいところは、練習方法が多いという点もありますが、それぞれの練習法で意識のするところ、目的が異なっていても、すべてが連動し、最終的に行き着くのは、スウィング改善というところなんです。マモル君ひとつで、日々の練習をレベルアップし、大きな目標であるきれいなスウィングを目指すには、とてもいい練習器具です」(横田)

実際の動きは動画でチェック!※本編は音声なし(1分31秒)

画像: 横田英治プロ解説 プラクティスギア「マモル君」の使い方 youtu.be

横田英治プロ解説 プラクティスギア「マモル君」の使い方

youtu.be

多くの練習法があるアドレスキーパープロ「マモル君」。気になる方は、月刊ゴルフダイジェスト11月号(2017年9月21日発売)の誌面をチェック!

This article is a sponsored article by
''.