2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則。はたしてみなさんは新ルールに則って正しくプレーできている?「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より、“サブグリーン”に関するクイズをご紹介しよう。

2019年1月1日より施行された新・ゴルフ規則。ピンを差したままパットして良くなったり、ボールのドロップが「肩の高さ」から「ひざの高さ」になるなど大きなルール変更が注目を集めているが、実は「細かくて重要な新ルール」も多い。

そんな細かいけれど知っておきたい新ルール、はたして皆さんは知っているだろうか。ゴルフルールクイズを通して確認してみよう。

サブグリーンにスタンスがかかる。そのまま打っていいの?

画像: アプローチショットを打とうとすると、スタンスがサブグリーンにかかってしまう。そのまま打っていいのだろうか?

アプローチショットを打とうとすると、スタンスがサブグリーンにかかってしまう。そのまま打っていいのだろうか?

【問題】
球が使用していないサブグリーンの近くに止まった。ホールに向かってアプローチショットをしようとすると、スタンスがサブグリーンにかかってしまう。そのまま打っていいのか? それとも……。

正しいのは、次の(a)(b)どっち?

  • (a)使っていないサブグリーンはジェネラルエリア。そのままプレーすることができる
  • (b)ローカルルールで定めがなければ、罰なしに救済を受けてプレーしなくてはならない
  • (a)使っていないサブグリーンはジェネラルエリア。そのままプレーすることができる
    40
    2695
  • (b)ローカルルールで定めがなければ、罰なしに救済を受けてプレーしなくてはならない
    60
    4038

正解は(b)。ローカルルールで定めがない限り、罰なしに救済を受けてプレーしなくてはならない。

【解説】
2019年の新ルールでは、目的外グリーンがプレーヤーの意図するスタンスや意図するスイング区域の物理的障害となる場合、プレーヤーはその球をあるがままにプレーしてはならない、とされている(R13.1f)。ただし目的外グリーン周りのラフが、プレーの戦略性を高めるために重要な場合など、競技を管理する委員会は、スタンスが目的外グリーンにかかっても救済を受けてはならない、という趣旨のローカルルールを定めることができる。

みなさんは正解できただろうか。正しいルールを知って、楽しくプレーしよう!

ルールで迷ったら「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」をチェック!

This article is a sponsored article by
''.