グリーン周りのバンカー、ピン奥30ヤード。SWでしっかり打とうとするとダフってもう一度、プロみたいに砂を薄く取ろうとしたらホームラン! SW・AW・PWの3本で同じ距離を打とうとするとどうなるんだ? ETGSのインストラクター内海大祐プロに実験してもらった!

SWだとヘッドが先でボールが後から飛ぶ

「バンカー=SWと思っていませんか? 距離のあるバンカーならAWやPWの方がやさしく寄せられるんですよ」(内海大祐、以下同)

「まずはSWで30ヤードを打ってみましょう。30ヤード打とうと思ったらかなりのヘッドスピードでしっかり打つ必要がありますが、そのように打つとクラブヘッドがボールより先に抜けてしまいます。フェースがボールの下をくぐってしまい、飛距離が出せません」

画像: SWで30ヤードを打つ内海プロ。ボールよりもクラブが先に抜けている

SWで30ヤードを打つ内海プロ。ボールよりもクラブが先に抜けている

画像: SWで強く打つとボールの下をくぐって飛ばせない

SWで強く打つとボールの下をくぐって飛ばせない

「52度」だとヘッドよりボールが先に飛ぶ

続いて52度のウェッジを試してみた。

「SWよりロフトが立っているので砂を押す圧力が高くなってボールを押し出してくれますね。少しフェースを開いて、ダフらせるようにしっかり振ってもボールの下をくぐることなく砂ごとボールを押し出してくれるから安心感があります」

画像: クラブより先にボールが飛び出している

クラブより先にボールが飛び出している

画像: ロフトがボールを押して飛ばしてくれる

ロフトがボールを押して飛ばしてくれる

PWは高さが出ないが、多少のミスは許される

最後にPWを試してみた。

「多少ミスしてダフってもグリーン上を転がって結果的にランで寄せられます。あごが高くなければPWは遠くまで飛ばすにはやさしいですよ」 

「キャリーとランの割合は1対1くらい。ランを多めに考えて大きく振る必要はありませんよ」

画像: PWなら少ない力で確実にボールを飛ばせる

PWなら少ない力で確実にボールを飛ばせる

画像: 砂ごとしっかりボールを押してくれてやさしく距離を出せる

砂ごとしっかりボールを押してくれてやさしく距離を出せる

なるほど~。いつもSWで大振りしてミスばかりでした。AWやPWだとどうしても飛び過ぎてしまうイメージがあったけど、かえってやさしいんですね。

※月刊ゴルフダイジェスト2016年3月号掲載

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.