【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」
あなたのスウィングここがダメ!

木村友栄プロが、アマチュアゴルファーのお悩みを3つのポイントでわかりやすくレッスンしてくれます!

画像: 木村 友栄(きむら ともはる) 通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

画像: 【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」 あなたのスウィングここがダメ!

今回はゴルフ歴20年の松成修一さん。松成さんは6番アイアンを上手に打ちたいとのこと。さて、皆さんは何番まで上手く打てますか?教えてください!

★何番まで上手く打てますか?★

  • 4番アイアン
  • 5番アイアン
  • 6番アイアン
  • 7番アイアン
  • 4番アイアン
    19
    58
  • 5番アイアン
    22
    67
  • 6番アイアン
    26
    80
  • 7番アイアン
    34
    104

松成さんの「6番アイアンを上手く打ちたい」というお悩みをキムトモのレッスンで解決!POINT3つを紹介します。

POINT1
正しくセットアップする

画像1: POINT1 正しくセットアップする
画像2: POINT1 正しくセットアップする

「7番アイアンまでならなんとか打てるんですが、6番になるとどうにもイメージが湧かないし上手く打てないんです」と松成さん。

先ずはアドレスの向きをチェックしました。しっかりつかまえようとしてあるせいか、右を向きすぎていました。ターゲットラインに平行に構えましょう。

ボールの位置と手元の位置も直しました。6番アイアンは14本のクラブの中でちょうど真ん中にあたるクラブです。

ボールの位置はスタンスの真ん中よりやや右に置きます。それに伴って手元の位置も左太ももの内側にセットしました。

松成さんは手元が体の中心にセットしていたせいで、コックが解けるのが早くダフリ気味でした。ダフリを嫌がってインパクト付近で左ひじを引いて調整していました。

POINT2
身体と腕を同調させる

画像1: POINT2 身体と腕を同調させる
画像2: POINT2 身体と腕を同調させる

バックスウィングで体の回転よりも腕や手を使って上げる動作が多く、ダウンスウィングでは手を使って打つためにコックが解けてダフリの原因になっていましたね。

そこで、クラブを肩に当ててバックスウィングしてみました。胸や背中がしっかり回り腕を使って上げる動作が少なくなりましたね。

“腕と体の同調”とは体の回転と腕が上がる割合を同じようにすることです。

鏡や窓ガラスに映して確認してみると分かりやすいですね。

POINT3
ボールの先に意識を持って振ろう

画像: POINT3 ボールの先に意識を持って振ろう

インパクト後に左ひじを引いてしまうアマチュアゴルファーは多く見受けられます。


1つの大きな原因はコックが早めに解けてしまい、そのままインパクトを迎えるとダフってしまうので左ひじを引いて調整しようとしまいます。

そこで、左手一本で素振りすることをオススメします。クラブの重さ、ヘッドの重さを感じながらゆっくり振ればフォロー大きくなってひじが引けることも少なくなります。

その際注意して欲しいのは、左腕を伸ばしたままではなくフェースのターンをしながら左わきが締まる感覚を覚えましょう。

体の回転に伴ってクラブヘッドがスムーズに振れるようになりますよ。

次回のお悩み解決もお楽しみに〜

画像: YouTube youtu.be

YouTube

youtu.be

好評連載中の「木村友栄のわかりました!」や新製品の記者発表など、500本以上の動画が無料で観放題!

画像: www.youtube.com
www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.