体を支える大切な「下半身」、きちんと鍛えている?ゴルファーの歩測の基本といえば「一歩1ヤード」。今回はゴルファーのとって大切である「下半身」のエクササイズを、プロランニングコーチである金哲彦さんに教えてもらった。

脚全体に効く!片足スクワット

電柱などの支えになるものを使う、片足スクワット。「ウォーキングの途中で簡単に出来ます。ゆっくし動かすと効果が倍増。片方のつま先が地面につかないように片足立ち。立っている足のひざを曲げていき、直角になったら戻す」(金、以下同)

画像: 猫背のように背中を丸めてはダメ

猫背のように背中を丸めてはダメ

全身運動!1ヤードジャンプ

画像: 姿勢良く立ってスタート

姿勢良く立ってスタート

「最後のエクササイズは、1ヤードぶんのジャンプトレーニングです。下半身さけではなく、全身を使って思いっきりジャンプをしましょう。立ち幅跳びのイメージです。ひざを使い、1ヤードぶん大きくジャンプして、両腕も大きく振ります。着地では地面からの衝撃をひざで吸収するといいですね」

走りのスペシャリストが教える!ジョギングとランニング

目指すは″1キロ6分″「サブフォーペース」ランニング!最終目標は、1キロ6分ペースのランニング。これはフルマラソンなら4時間のペースになる。

ムリせず楽しく続けよう!ジョギング

「視線はまっすぐ前方を見ましょう。目標は、1キロ7~8分ペース。骨盤が後傾して後ろに体重が残らないように注意します。歩く以上におなかに意識を集め、ブレない軸を感じながら走りましょう」

ここまできたら完ペキ!ランニング

「腕の振りを大きくテンポ良くしましょう。ジョギングの時よりも、踏み込む力を強くすることでスピードがアップします。猫背や腰から折れ曲がるのに注意し、正しい前傾姿勢を心がけるのが重要です」

週1回でも下半身のエクササイズを続ければ、効果が出ること間違いなし!スウィングが安定して飛距離アップにもつながるぞ。ぜひ試してみよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.