体力の消耗が激しい夏のラウンド。なかなか疲れって取れないですよね。疲れを最小限にするにはどうしたらいいんだろう。前回、石渡俊彦プロに解説してもらいましたね。

石渡プロは、疲労を軽減するには水分補給をすることとふくらはぎの筋肉を強化が必要とのこと。血流が悪くなって疲労物質が除去されなくなり全身が疲れてしまうからです。いずれも血液の流れを滞らせないことがポイントです。

今回は、ゴルフ前後に″家でやりたいストレッチ&トレーニング″をご紹介します。

ストレッチ1
ストレッチボールでふくらはぎを刺激

ストレッチボールを用意。座って右ひざを曲げ、かかとの少し上にボールをあてたら、ひざを伸ばして転がす。左右ともに行う

ストレッチ2
ストレッチボールですねを刺激する

ストレッチボールをすねの下に入れてバランスをとる。両手を支えにしてボールを転がしながら前後に動く。ボールに乗ってしまって構わない

トレーニング1
かかと上げでふくらはぎを強化

クラブを支えにして真っすぐに立ち、その場でかかとを上げ下げする。両ひざと両かかとはつけたまま

トレーニング2
足振り運動で股関節周りを強化

左の体制で前に出した足に体重をかける。ひざをへそにつけるように足を引き込む

ラウンド後は、ふくらはぎにお湯と冷水のシャワーを交互に当てることを数回繰り返すと翌日に疲れが残りませんよ!前回紹介したストレッチと合わせて、ぜひ試してみてくださいね!

※月刊ゴルフダイジェスト2012年9月号より

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.