時代の進化とともに、コースも進化してきました。それに伴って、それまで少なかったピンまで距離のあるバンカーが増えてきたのです。海老原プロはそれまでのバンカーショットの打ち方をベースに、プラスαの技術が必要になったといいます。

前回、海老原プロがレッスンしてくれた「距離を出さないバンカーショット」は↓↓↓

海老原プロ曰く、「昔のバンカーショットは、グリーンまでの距離が短くて『いかに止められるか』が大事だった。だから手打ちが有効だったんです。でも今のバンカーはそれだけでは対応できない。『距離を出す』ということも重要になってきた」とのこと。

海老原清治プロ
卓越したショートゲームの技術で、欧州シニアツアーの賞金王にも輝いた

そこで今回は、海老原プロに「バンカーショットで“距離を出す”ためのポイント」をレッスンしてもらいましょう。

バンカーショットの進化したポイント

進化したポイント① 手ではなく体でボールをとらえるようになった

距離を出すためには、手打ちでは力不足です。体全体を使ってボールをとらえないと飛ばすことはできません。上半身、特に肩の回転を意識しましょう。右肩を下げることなく、地面と平行を保ったままでスウィングすると、パワーが生まれてボールを飛ばせます。

進化したポイント② グリップは強くしっかり握る

画像: 片手で持ってもクラブが暴れない程度の強さで握ろう

片手で持ってもクラブが暴れない程度の強さで握ろう

腕にある程度力が入っていないと、クラブが砂に負けてしまいボールを飛ばすことはできません。砂に負けないためにもグリップは強く握りましょう。目安としては、片手でボールを打ってもクラブが暴れない程度。

進化したポイント③ クラブも変わったから58度はあまり開かない

昔はSW(サンドウェッジ)というと56度が主流だったために開いてもボールを飛ばすことはできました。しかし、今の主流は58度となり、それを開きすぎると、“前”ではなく“上”にボールが飛んでしまいます。そのため、フェースはあまり開かずスウィングしましょう。

昔も今も変わらないのは、「右肩を下げない」こと

画像: すくいにいったら力は出せない

すくいにいったら力は出せない

多くのアマチュアはバンカーに入るとどうしても「出したい」という思いが強くなり右肩を下げてボールを上げにいってしまいます。これではボールのかなり手前からクラブが入ってしまい、ダフり、ボールは飛びません。いつでもクラブは上から入れることを心がけましょう。

画像: 左足に体重を乗せて、上からクラブを入れる

左足に体重を乗せて、上からクラブを入れる

2回にわたってご紹介した海老原プロのバンカーショットレッスン。同じバンカーでも距離があるとき、ないときで「打ち方」を変えて、どんな状況のバンカーからでも、ピンに寄せられるように腕を磨きましょう!

※月刊ゴルフダイジェスト2013年8月号より

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.