こんにちは!バンキシャY江です('◇')ゞさて今週はANAオープンが9月18日(日)まで札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで行われています。このANAオープンのプロアマで、ホストプロの石川遼が今のところ単独トップ。連覇のかかるこの大会で気合もバッチリです。その気合はプロアマ戦でも溢れ出ていましたよ!

今回プロアマ戦はスクランブル方式のチーム戦。ティショットは、プロを含めて4人全員が順番に打ち、2打目以降はプロを含めた4人のうち、最も良い位置のボールを選んで、そこから4人全員がプレースしてまた順番に打っていくゲーム方式で、「今日はたまたま良かった」と、ことごとく遼くんがピンそばのチャンスにつけて、スタートの1番からバーディが続いたそうです。

画像: 【今週の上がり3ホール】石川遼が連覇か?プロアマでも遼くんチームが18ホール連続バーディで54を記録!【ANAオープン】

その結果18ホール連続バーディの“54”でぶっちぎりV!今季はじめに主催者をも心配させた腰痛の後遺症も、みじんも見せない元気な姿。「今まで経験してきた中で、最高のプロアマになりました!」

なんていうエピソードがあったこともあり、ホストプロの遼くんに優勝の期待がかかっているそうですよ('ω')ノW杯への出場も決めた遼くん。勢いをつけておきたいところですね。

【関連記事】

それでは、お待たせしました。上がり3ホールです。今回は手嶋多一プロにひとこと、深堀プロのワンポイント解説もご紹介します!

16番(パー3、169ヤード)

16は普通だけど、風の読み方が難しいですね(手嶋プロ)

画像1: 16番(パー3、169ヤード)

このショートは、ティーショットのクラブ選択が問題。風によって、ショートからロングアイアンまでを使い分けなければいけません。風がフォローの時は止まりにくく、グリーンをオーバーすると6~7ヤード下に落ちてしまう危険性も。

風を計算して、どれだけ正確にグリーンをとらえるかが見ものです。このホールにはホールインワン賞が設定されています!

画像2: 16番(パー3、169ヤード)

風によって5番~9番アイアンまで幅広いクラブを要求されるホール。風の影響をどう計算するのかが難しいホールの1つです。グリーン手前にはバンカーがあり、グリーン奥に外してしまうと更にピンに寄せるのが難しいアプローチが待っています(深堀プロ)

17番(パー5、579ヤード)

17番はかなり飛ばさないと2オンを狙えないかな。ツーオン狙わないとしても林は越えたい。かなりティショットの精度がいると思います。3打目勝負というところですね(手嶋プロ)

画像1: 17番(パー5、579ヤード)

楓や白樺が美しいパー5。まずは飛ばして、セカンドショットで2オンを狙うのが醍醐味です。堅実に攻めるなら、グリーン手前左にある大木に注意。グリーンは左に盛り上がっているので右目につけたいところです。またこのホールは、イーグル賞の対象にもなっており、選手たちの思い切ったプレーが見どころです!

画像2: 17番(パー5、579ヤード)

プロの中でも、どうセカンドショットで林を越えていくか頭を悩ませる輪厚の名物パー5。ティショットをいかにいいポジションに置けるかがカギになります。追い風に乗って飛び過ぎてしまうと2オンが狙えなくなることもあるため、ただ飛ばせばいいという訳ではないのがミソ。

ティーショットから風と距離を読み切らなければいけません。セカンドショットで果敢にグリーンを狙いにいくのか、それとも安全に刻んでいくのか幾多の名勝負がここ17番で繰り広げられてきましたね(深堀プロ)

18番(パー4、410ヤード)

最後はやっぱりフェアウェイが狭いですよね。しっかりフェアウェイに置かないといけませんね。最後も3段グリーンがあって難しいんじゃないかなって(手嶋プロ)

画像1: 18番(パー4、410ヤード)

クロスバンカーを避けて安全策を取るなら、ドライバーは不要。セカンド地点は左足上がりで、グリーンは3段グリーンとなっており、距離感が非常に重要なホールである。グリーンは芝の読みが難しく、上から速い3段になっている。この名物グリーンでは、プロのラインの読みに注目だ。

画像2: 18番(パー4、410ヤード)

向かい風となった場合に難易度が一気に増すフィニッシングホール。風の影響を受けやすくティーショットでフェアウェイを捉えるのが非常に難しい。またグリーン上は名物「3段グリーン」が待ち受けているため、ピンと同じ面に乗せないと2パットで収めることが難しくなってしまう(深堀プロ)

男子プロたちの豪快なプレーに注目です!

【テレビ放送】

2016年09月16日
07:00~09:00 Round 2 日テレG+(1番ホール)
2016年09月16日
11:30~13:00 Round 2 日テレG+(後半ホール)
2016年09月17日
08:00~10:30 Round 3 日テレNEWS24(1番ホール)
2016年09月17日
16:00~16:55 Round 3 札幌テレビ発日本テレビ系列22局ネット
2016年09月18日
07:30~10:00 Round 4 日テレNEWS24(1番ホール)
2016年09月18日
15:00~16:25 Round 4 札幌テレビ発日本テレビ系列22局ネット+RKC,TOC,RBC

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.