ダウンロード数国内NO.1のゴルフ動画配信・スコア管理アプリの「ゴルフネットワークプラス」。その中に、自分の悩みに応じたレッスンをスマホで手軽に観られる動画コンテンツ『練習ドリル』がある。その中から、内藤雄士コーチによる効果抜群「ハーフスウィング」ドリルを紹介!

シャフトプレーンをなぞるハーフスイングドリル

「正しいスイングをマスターするには、シャフトプレーンを意識することが大切です」(内藤コーチ、以下同)

シャフトプレーンとは、アドレス時にシャフトが作る角度に沿った仮想のスウィング面のこと。ここからクラブが外れなければ、ミスショットになりにくくなる。しかし、それがわかっていても、実際にスウィングするとついシャフトプレーンからクラブが外れ、ミスになってしまうという人は多い。

正確なショットを打とうと思ったらシャフトプレーンからクラブが外れないことが肝心なのだ。内藤コーチによれば、その意識の仕方は意外なほどにシンプルだ。

画像1: シャフトプレーンをなぞるハーフスイングドリル

「有効なのが、自分のシャフトプレーンをイメージし、そこをなぞるハーフスウィングを繰り返すこと。効率的なスイング軌道が身に付いていきます」

画像: シャフトプレーン上をクラブがなぞる意識が大切

シャフトプレーン上をクラブがなぞる意識が大切

「ハーフスウィングを繰り返し行うことで、シャフトプレーンを意識したスイング練習が可能です。実際にボールを打っても構いません」

「ツアープロも採用するハーフスウィングでの練習。自分のシャフトプレーンを体に覚え込ませましょう」

※レッスン番組「あすゴル!」より

画像2: シャフトプレーンをなぞるハーフスイングドリル
画像3: シャフトプレーンをなぞるハーフスイングドリル
画像: ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.