アメリカの第45代大統領に就任したドナルド・トランプ氏。トランプ大統領といえば、多数のゴルフ場を所有し、自身大のゴルフ好きとして知られる。その腕前は果たしていかほどなのか……?

アメリカのゴルフメディアは、この「トランプ腕前問題」をいち早く報じている。米国ゴルフダイジェストによれば、トランプ大統領のハンディキャップは2015年12月時点で「3」だというが、多くのメディアが「トランプのハンディ3は本当か?」といった検証記事を展開している。その中にはズバリ、そのハンディキャップを「インチキだ」と指摘するものも散見された。

果たしてトランプ大統領は上手いのか、「そうでもない」のか。それを検証するため、「みんなのゴルフダイジェスト」編集部員でプロゴルファーの中村修に、YouTube上にアップされたトランプ大統領のスウィングをチェックしてもらうことにした。果たしてその評価は……?

プロがトランプ大統領のスウィングをマジメにチェックしてみた

画像: Donald Trump's Golf Swing www.youtube.com

Donald Trump's Golf Swing

www.youtube.com

「一目でわかるのは、練習場ではなくコースで作り上げたスウィングだということですね。見た目の美しさではなく、実戦でスコアを出すために身につけたスウィングという印象を受けます。バックスウィングは非常にコンパクトで、それに対してフォローが非常に大きい。これは、飛距離よりも方向性を重視している証拠で、非常に理にかなったスウィングです。うーん、かなりやってますねこれは。正直ちょっと、驚きました」(中村)

と、意外な高評価。

「スウィングだけ見たら、間違いなくシングルです」

「切り返しで左ひざと左股関節が流れておらず、インパクトでは左ひざが真っすぐ伸びて、左腰がしっかりと回っている。ヘッド・ビハインド・ザ・ボールも守られています。方向性重視ながら、このスウィングができれば飛距離も出るはず。なによりこの年齢(1946年生まれ)でこれだけ体をしっかり回せているのがすごい。腕前は……スウィングだけだったら、間違いなくシングル。方向性重視ながら、250ヤード以上飛ばしそうですから」(同)

もちろんゴルフはショットだけでなく、アプローチ、パッティング、マネジメント、メンタル……と多数の要素が絡み合う。しかし、スウィングだけなら「間違いなくシングル」だという。なんならちょっと「お手本にしよう」といったニュアンス。

というわけで(ハンディの数字はともかくとして)トランプ大統領はちゃんとゴルフが上手い。少なくともスウィングは良いことが今回の検証でわかった。新大統領の「ゴルフ力」に関しては、新たな証言があり次第、報告していく予定だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.