パッティングを苦手とするゴルファーの多くは、グリーン上で構えたまま“じーっ”と固まってしまていると指摘するのは、ショートゲームの専門家である石井忍プロ。構えたら3秒以内に始動する「3秒ルール」が、パッティングを安定させるポイントだ!

目標を見てから3秒以内に打つ

「パッティングが安定しない人の多くは、グリーンに上がってからラインを読んでアドレスし、打つまでの時間の使い方が悪く、動きに流れがなくなってリズムを崩している」と石井プロ。とくに、アドレスに入って長時間固まってしまったら、せっかくラインを読んで頭に浮かんだイメージが打つ間に消えてしまうのだ。

画像: パッティングは「3秒ルール」がカップインのコツだ!

パッティングは「3秒ルール」がカップインのコツだ!

「アドレスして最後に目標を見てから3秒以内に始動するクセをつけてください。慣れるまではあわただしく感じるかもしれませんが、パッティングの平均値は必ず上がります」(石井、以下同)

石井プロに、パッティングの手順を教えてもらった。

【目標を確認してから3秒以内に打つ手順】
1.下半身をどっしりと構えてセット
2.アドレス後に目標を確認
3.視線をボールに戻す
4.ゆっくりとテークバック
※ここまでを3秒以内にする

画像: 構える、見る、戻す、始動の4つのアクションを3秒以内に行う

構える、見る、戻す、始動の4つのアクションを3秒以内に行う

転がしをイメージしながら素振りしよう

「また、素振りでは『形のリハーサル』をしないことも大事です。ストロークのことは考えず、出球のスピードや球の転がりをイメージしながら素振りをしましょう」

画像: 素振りは形ではなくイメージを確認する作業。クラブを持たずに、球の転がりや打ち出しの速度を想像しながら体を動かすだけでOK

素振りは形ではなくイメージを確認する作業。クラブを持たずに、球の転がりや打ち出しの速度を想像しながら体を動かすだけでOK

パッティングはカップを見たら3秒で打つ「3秒ルール」を自分の中で持とう!自然といいリズムでパットが出来るようになるぞ。

(石井忍著書の「考えないアプローチ」の一部を抜粋・編集)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.