レギュラー時代は未勝利、しかし2016年はシニアツアー賞金ランク2位という成績を残した崎山武志プロ。大活躍だった崎山プロによれば、ヘッドを走らせてボールをつかまえるためには、グリップを「ゆる〜く握る」のが大切だという。では実際に崎山プロはどれくらいの強さで握っているかを検証してみよう。

水をたっぷり浸したおしぼりで実証

「ゆるく握ればヘッドが走る」と、崎山プロは語る。ゆるくと言っても人によって感覚は違うはずだ。では、一体どれくらいの強さでクラブを握っているのだろうか? そこでグリップの強さを測るため、水をたっぷり浸したおしぼりで簡単な実験をしてみた。

崎山プロはどのくらいの強さでグリップを握っているんだろう?

「よく『小鳥を持つ強さで握れ』とか、『クラブを指先でつまむだけ』とか表現しますよね。このおしぼりでいえば、水を絞らず持つぐらいですね。水滴がシャーッと垂れるのは握りすぎ。ヘッドを加速させるには、これくらいゆるく握って、腕と手首をやわらかくしておくことが大切です」(崎山、以下同)

崎山流のグリップはしずくが垂れるか垂れないか程度。水が垂れすぎるようならヘッドは走らないぞ!

【ポイント】ゆ~るく握るとフェースがターンし始める

「やわらかく握ると、クラブの重さに引っ張られてヘッドがターンし始めます。重要なのは腕も脱力しておくことです」

画像: おしぼりのしずくが垂れないくらいの強さでグリップしてみよう

おしぼりのしずくが垂れないくらいの強さでグリップしてみよう

腕をやわらかく使うには、握る強さも重要だ。おしぼりを使ってプロのグリップの握る強さを体感してみよう!

(週刊ゴルフダイジェスト2016年2/16号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.