キムトモこと、木村友栄プロのレッスン動画「ドライバーが真っすぐ飛べば、ゴルフはカンタン!」。今回は「飛ばしたいなら、横から打とう」がテーマだ。みんなはクラブがしっかり横から入っているかな?

ボールを横から打てれば、球筋は安定する

「ティアップして打つドライバーは、クラブが下から入ったり上から入りすぎると、球筋が安定しないんです」と木村友栄プロ。ボールを“横”からとらえることで、効率良く飛ばすことができる。そして、そのためにオススメなのがなんとティアップせずにボールを打つ、直(じか)ドラ練習だという。

画像: ④ドライバーレッスン「飛ばしたいなら、横から打とう!」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』 youtu.be

④ドライバーレッスン「飛ばしたいなら、横から打とう!」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』

youtu.be

直ドラでボールを打つと、正しい軌道が体で理解できる

「直ドラで打ってみると、クラブが下から入る人はボールがきれいに当たらなくなります。逆にクラブが外(上)から入る人は、ボールはきれいに当たるが、ぶつけたような打ち方になる。しっかりとマットをこするように打ってみましょう」(木村)

プロも、自分のスウィングの状態を確認したり、調子を整えたいときには「直ドラ」練習を行うという。クラブの軌道が整って、入射角が安定するこのドリル、難易度は低くはなさそうだが、是非試してみたい練習法だ。詳しいやり方は、動画をチェックしよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.