いつまで経っても100が切れない……。そんな悩めるゴルファーの気持ちが分かる「万年目標100切り女」が送る、お試し企画。今回は「スクェアパットが身につく」という練習器具“パッティングボール”を試してみた。

スクエアに打つってこんなに難しかったんだ

パッティングボールは、「狙った方向に真っすぐクラブを振る」「ボールの芯をしっかりとらえる」この2点が揃わないと真っすぐ転がってくれないという代物。これを繰り返し打つことで、自ずとスクェアなインパクトが手に入るというわけだ。

「パットは上手いってよく言われるし、こんなの簡単だ」とたかをくくって早速動画を回す。ボールの両側についている2つのコマを目標ラインに対して平行にセット。あとは打つだけ!

え? 全然まっすぐ行かないんですけど……というより、こんなに手前で回転しちゃってるんですけど。なにこれ。予想外の展開に焦りを隠せない。

画像: スクエアに打つためのパッティングボールが難しすぎる www.youtube.com

スクエアに打つためのパッティングボールが難しすぎる

www.youtube.com

しばらく練習を続けているとようやく手前で回転しないようになってきたが、なかなかまっすぐにはいかない……。

画像: パッティングボール失敗例 www.youtube.com

パッティングボール失敗例

www.youtube.com

今度は前には行くけど全然まっすぐではない……。自分が普段からいかにスクェアに打てていないかというのが今回身に染みてわかった。今回のことで、今後たかをくくらずにパット練習を頑張ろうと思えた。大きな成長である。

しばらく練習して最終的にはこの動画。これでもまだスクエアに打てていない感が否めない。

画像: スクエアパットの練習器具“パッティングボール” www.youtube.com

スクエアパットの練習器具“パッティングボール”

www.youtube.com

ちなみにこれがまっすぐに打てるようになると、常に狙ったラインに対してスクェアにボールを打ち出せるようになる。フェースをターゲットに対し直角に保ちながらテークバックするのがコツだ。

3パットに悩んでいる人はもちろん、パットに自信はあるという人にも、ぜひ一度このパッティングボールを打ってみてほしい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.