昨年登場し大評判となったテーラーメイドのM1とM2の新モデルが早くも2017年のツアーで勝利を重ねている。2017年のM1&M2は、名器という評価が定まりつつある2016年の同モデルからどう“変化”したのか。新モデルを試打し、旧モデルとの違いをデータで出してみた。

浅く、低く、重いヘッドで力強く飛ばすM1 460

画像: 左が新モデル、右が旧モデル。旧モデルと比べてデザインが変更された

左が新モデル、右が旧モデル。旧モデルと比べてデザインが変更された

まずはM1から見ていこう。試打したデータがこれだ。

画像: 高初速&低スピンを求めた設計

高初速&低スピンを求めた設計

旧モデルと比べると、打ち出し角とスピン量がともに抑えられて、吹き上がらず前へ伸びる弾道になっている。特筆すべきはボール初速。数字が明らかに伸びて、飛距離アップに直結している。また、ミスヒットに強くなり、打感はやわらかく感じられるという。

画像: 左が旧モデル、右が新モデル。見た目の安心感もアップしている

左が旧モデル、右が新モデル。見た目の安心感もアップしている

設計的には前作より重心が浅く、スウィートスポットの位置も低い。それだけ低スピンになりやすく、飛距離アップにもつながりやすいようだ。

画像: バックトラックのウェートが重くなり、レールが伸びた(左が新モデル、右が旧モデル)

バックトラックのウェートが重くなり、レールが伸びた(左が新モデル、右が旧モデル)

ゆったりとターンして真っすぐ飛ばすM2

画像: 左が旧モデル、右が新モデル。旧モデルはマキロイも使ったことがあるぞ

左が旧モデル、右が新モデル。旧モデルはマキロイも使ったことがあるぞ

続いてはM2を見ていこう。M2といえばテーラーメイドの契約プロのみならず、昨年終盤を“契約フリー”で迎えたタイガー・ウッズやロリー・マキロイらも使用した大ヒットクラブだ。

つかまって上がる要素をプラスした

画像: スピン量が得られ、安定した弾道に

スピン量が得られ、安定した弾道に

M1のニューモデルが打ち出し角・スピン量“ともに減”だったのに対し、M2ニューモデルは打ち出し角が高く・スピン量“ともに増”なのが面白い。より高弾道になったことで、キャリーが伸びている。

画像: 高MI&高めSSで弾道が安定

高MI&高めSSで弾道が安定

と、M1、M2それぞれ違った進化の方向が見えた、興味深い試打となっているこの記事の詳細は、2月21日発売の『月刊ゴルフダイジェスト2017年4月号』に掲載されている。アマチュアゴルファーが実際に使用した感想や、重心距離や慣性モーメントなどの超詳細なヘッドデータが載っているので、要チェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.