せっかくグリーン手前まで運んだのに、5ヤードの距離から寄らず入らずでボギー。こんなちょっともったいないミスをなくすにはどうすれば良いか。ショートゲームの専門家である石井忍プロによれば「ピンまで5ヤードなら選ぶべきはUTです」とのこと。でもどうしてパターではなくUTなのだろう? アマチュアでもできる簡単寄せテクを教えてもらった!

芝をスキップさせてから転がすほうが距離感がつかめる

「ピンまで5ヤードならパターで打つという方も多いと思いますが、ボクはUTをオススメします。パターは打ち出してすぐ地面を転がるため、手前の芝やエッジにどのくらい食われるかを計算しづらいんです。UTならボールが少し浮いて、芝の影響を受けにくくなります」(石井、以下同)

画像: 「ボールを右に置くとロフトが立ってボールが浮きません。真ん中に置き、広いソールを滑らせるように打てば、少しぐらいダフっても大丈夫です」

「ボールを右に置くとロフトが立ってボールが浮きません。真ん中に置き、広いソールを滑らせるように打てば、少しぐらいダフっても大丈夫です」

「距離をコントロールするのは、キャリーよりも、落ちてからどのくらい転がるかの“惰性”で考えたほうが、うんとやさしいんですよ」と話す石井プロ。距離感をつかみやすくするため、あえて球を浮かせているのだ。

画像: UTなら球が浮き上がるが、パターだと球は浮き上がらず転がってしまう

UTなら球が浮き上がるが、パターだと球は浮き上がらず転がってしまう

ポイント:球を上げようとしない

パターと違い、20度前後のロフトがあるUTは余計な細工をしなくても、勝手にボールは浮く。「浮かせようとしてすくい上げるのは厳禁。腕の三角形をキープして振りましょう」

画像: 腕の三角形をキープするようしっかりと意識しよう

腕の三角形をキープするようしっかりと意識しよう

5ヤードの距離ならUT。普段なら考えも付かないようなクラブの選択だが、実は理にかなっている。UTを使ってベタピンアプローチを決めてしまおう! 

(週刊ゴルフダイジェスト2016年3/22号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.