20ヤード以内は「ここから2打であがりたい」と思う距離だが、それがなかなか簡単じゃない。ショートゲームの専門家である石井忍プロは「20ヤードのアプローチは右手首の角度が崩れないように注意する必要があります」と言う。石井プロに寄せワンを決める簡単テクを教えてもらおう!

20ヤードのアプローチは“右手首の角度”が成否の分かれ目

20ヤードなら使うクラブはSWという人が多い。だが、SWはロフトが他のクラブより大きいので、距離や方向性が安定しない。そんな人たちに石井プロはこう言う。

「SWで距離と方向を揃えるには、ロフトとフェース向きを変えずに振ることが大事です。そのためには、アドレスしたときの右手首の角度をキープしたまま振りましょう」(石井、以下同)

ポイントは手首はゆるめず固めて使うこと。ボールを自分で上げようとして、手先でクラブを振るから、右手首の角度がほどける。「SWが苦手なアマチュアの多くは、フォローで左手首が甲側に折れてしまうんです。手首はゆるめず固めて使うんです」とのこと。

画像: 手首が緩むと、ダウンからインパクトで角度がほどけやすいので注意! 右手首の角度しだいで成否が分かれるという石井プロ

手首が緩むと、ダウンからインパクトで角度がほどけやすいので注意! 右手首の角度しだいで成否が分かれるという石井プロ

テークバックはインに引かないようにしよう。テークバックはインに引かず、真っすぐ上げるのが正しい。「インに引くとフェースも開いてしまうので、インパクトが安定しません」

画像: 真っすぐテークバックし、転がすように打とう

真っすぐテークバックし、転がすように打とう

フェースは開かず、かぶせ気味に構える。「切り返しのときなどに自然と右手首の角度が深くなってフェースは開きます。少しかぶせて構えることで、インパクトでスクェアになるんです」

画像: 「ちょいかぶせ」が正解

「ちょいかぶせ」が正解

「短いアプローチは“難しいことはしない”が原則」と語る石井プロ。フォローの右手首の角度など3つのポイントを気をつけながら、SWでの20ヤードのアプローチをマスターしよう!

(週刊ゴルフダイジェスト2016年3/22号より)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.