「飛ばし=体重移動」とまでは言わないまでも、しっかりと体重移動しなければ飛ばせない、そういう先入観がゴルファーにはある。しかし桑原将一プロによれば「軸をブラさずクルッと回る『その場回転』のほうが効率的に飛ばせますよ」と言う。やさしく飛ばせる「その場回転」を極めるドリルを教えてもらった。

体を大きく揺さぶって飛ばそうとするとかえって飛ばない

「たしかに体を大きく動かしたほうが、1発の飛びは大きいかもしれません。でもそれはタイミングがバッチリ合ったときだけ。しかし、上手くいかないと芯を食わない、曲がる。結果振れなくなって、肝心の回転スピードが落ちてしまうのです。だから体の重さで勝負するよりも、回転速度を上げることを考えたほうがいい」(桑原プロ)

というわけで、早速「その場回転」を身につけるためのドリルを教えてもらおう!

画像: でんでん太鼓をイメージ。スウィングの軸が1本の大きな幹のようだ

でんでん太鼓をイメージ。スウィングの軸が1本の大きな幹のようだ

ドリル 1:片足立ち打ち

右足を後ろに引き、左足1本で立って打つ。体を揺さぶらずに左軸で打つ感覚が養える。

画像: 片足で打つと体を揺さぶって打つことができない

片足で打つと体を揺さぶって打つことができない

ドリル 2:トップ止め打ち

トップで静止してから打つ。ダウンで左に突っ込むと上手く打てない。

画像: 一度クラブをトップで止めてから打つのもいい

一度クラブをトップで止めてから打つのもいい

ドリル 3:片手棒支え打ち

ボールの前方にスティックやクラブを立ててそれを片手で支えながら、もう一方の手でボールを打つ。前後・左右の軸ブレを防げる。

画像: 前後左右のブレを矯正!

前後左右のブレを矯正!

その場回転をマスターすれば、芯を食う確率が高く、効率よく飛ばすことができる。体に無理がなく、長く続けることができるスウィングなのも魅力だ。ぜひ『その場回転』をマスターしよう!

(週刊ゴルフダイジェスト2015年3月24日号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.