キムトモこと木村友栄プロのレッスン動画「ドライバーが真っすぐ飛べば、ゴルフはカンタン!」。今回は「左足重心でインパクトしよう!」がテーマです。みなさんは、インパクトでちゃんと左足に体重を乗せられていますか?

インパクトでは、右に体重を残さない!

「アマチュアゴルファーの中には、インパクトのときに重心が右に残ってしまう人が多くいます」と、木村友栄(ともはる)プロはいう。右足に体重が残ると、体が開いてスライスしたり、手首のコックが早くほどけやすてダフる原因になる。

これを抑えるためには、「左足一本で打つドリル」の練習が有効なのだとか。

画像: ⑤ドライバーレッスン「‟左足一本ドリル”で飛ばせる“左重心インパクト”を身につけよう」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』 youtu.be

⑤ドライバーレッスン「‟左足一本ドリル”で飛ばせる“左重心インパクト”を身につけよう」木村友栄の『ドライバーが真っすぐ飛べばゴルフはカンタン!』

youtu.be

右足を引いて、左足一本で打とう

「スウィング中、左の股関節と太ももは常に緊張感を持つことが大切です。このドリルを行えば、インパクトするときに、しっかり左の股関節とおしりに体重を乗せることができますよ!」(木村)

インパクトで体重を左足に乗せることができると軸がブレず、ボールを的確に捉えることができるようになる。詳しいやり方は、動画をチェックしよう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.