30〜100ヤードほどのアプローチは、寄らないまでもとにかく乗せたい距離。なのだが、フルショットだけでは対応できず、距離感を合わせるのがなかなか難しい。「それは、距離感をフルショットからの‟引き算”で考えているからです。コントロールショットは“足し算”がポイントですよ」と話すのはツアーで長年活躍してきた芹澤大介プロ。足し算のショットってどういう意味だろう?

「‟弱いフルショット”じゃなくて‟強いアプローチ”だと思って打とう」

「フルショットを抑えたスウィングだと、振り幅を抑えるとかトップを小さくするという意識が働いてどうしてもゆるみます。そうではなく、まず30ヤードの小さい振り幅を考え、50ヤードならこのくらい、75ヤードなら……と大きくしていった延長で100ヤードのスウィングを考えてください。これが‟足し算”です」(芹澤)

8割、9割のスウィングは、フルショットの振り幅を小さくするのではなく、アプローチのスウィングを大きくしていく感覚だという。

画像: 30ヤードくらいから距離に応じてスウィングを大きくしていこう!

30ヤードくらいから距離に応じてスウィングを大きくしていこう!

たしかに、同じ50ヤードを打つにしても、フルショットで100ヤード飛ぶクラブを「半分の力加減で打とう」と考えるとミスになることが多い気がする。それに対して、「30ヤードのアプローチを、少し強めに打とう」と考えると、同じ距離でも簡単に感じる。

距離感は「足し算」で出すのは納得がいく。では、その時どのような点に気をつけるべきなのだろうか? 芹澤プロに聞いてみよう。

注意することは「体とクラブの距離を保って振り下ろすことです」と芹澤プロは話す。スウィング中、手元と体の間隔をキープ。手打ちになると手が体に近づいて、フトコロのスペースが潰れやすいので注意しよう。

画像: クラブと体の間隔を意識してスウィングする

クラブと体の間隔を意識してスウィングする

もう一つのポイントはフェースローテーション抑えめでスウィングすることである。方向性を高めるために、フェースローテーションは抑えめに、ゆるやかに行おう。手首をこねるような急激なフェースターンは控えること。

画像: ヘッドの角度を意識しよう。フェースターンは少なめに

ヘッドの角度を意識しよう。フェースターンは少なめに

上に挙げたようなポイントに気をつけて、「足し算のコントロールショット」で狙った距離をしっかり打とう!

(月刊ゴルフダイジェスト2016年4月号より抜粋)

This article is a sponsored article by
''.