ゴルファーたるもの、100切りはもちろん、願わくば80台のスコアは出したいもの。「80台ゴルフには、ドライバーでもボールを『運ぶ』感覚が必要です。きちんとターゲットに打てるスウィングは、飛距離を出せるスウィングでもあります」とスウィング研究家の武田登行プロは話す。80台で回るためにミート力がアップするスウィングドリルを教えてもらったぞ!

多くのゴルファーが「軸ブレ」か「回転不良」になっている!

80台で回るためには、ある程度ボールを真っすぐ飛ばしたい。それが簡単ではないわけだが、アマチュアゴルファーが真っすぐ打てない一番の原因は「スウィング軸が動いてしまうこと」と武田プロは指摘する。

「軸が大きく左右に動いてしまうと、インパクトでヘッドがボール位置に戻ってくる精度が下がるので、『曲がる→振れない→飛ばない』の悪循環に陥ります。紹介する2つのドリルにより、軸を動かさずに打つ感覚を身につけると、徐々に振れるようになってきます」(武田)

ドリル 1:インパクト感覚を身につける。“インパクト”アドレス打ち

インパクトの形を自然に体が覚える。自分なりのインパクトの形をイメージして、最初にその形を作ってからスウィングすると、自分の意思で「打つ」感覚が身につく。

画像: アドレスを作ったらまずインパクトの形を作る

アドレスを作ったらまずインパクトの形を作る

ドリル 2:軸をブラさずスウィングできる。“内股”打ち

軸をブラさずに体を回転できる。両つま先を内側に向け、内股の状態でボールを打つ。ヒールアップはしてもOK。軸が不動で、正確なインパクトの感覚がつかめる。

画像: これくらいはっきりとつま先を内側にする

これくらいはっきりとつま先を内側にする

この2つのスウィングドリルで「軸は不動」の真っすぐスウィングが身につくぞ。目標の80台を目指すなら実践あるのみ!

この記事は現在発売中の週刊ゴルフダイジェスト3月28日号の特集「今年こそ! 平均80台でまわるプロジェクト」から抜粋。他にもアベレージ80台で回るためのヒントが載っているのでチェックしてみよう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.