ピンが近いときやバンカーを越えてすぐに切られている場合など、上げるアプローチを使いこなせるとスコアメークが俄然ラクになる。ショートゲームの名人である福永和宏プロは「上げるアプローチは右手のひらを上に向けて、空手チョップのように動かすイメージです」と話す。一体どういうことなのか説明してもらった!

ロフトを寝かせて丸く振っていく

上げるアプローチってどんなイメージ? という質問に「右手のひらを上に向けて“空手チョップ”のように動かし、ボールを右手ですくい取るイメージです」と答えてくれた福永プロ。

「すくうにはイン・トゥ・インに、体を中心に丸く振っていきます。ボールを打つというより、ボールの手前からソールを滑らせていく感覚で振るといいでしょう」とのこと。そのポイントを解説してもらおう。

ポイント 1:右グリップを横から握る

「右手を横から浅く握るのがコツ。これで、右手のひらでボールをすくうイメージが出るはずです。右手を上から深く握ると、フェースがかぶりやすく、球を上げにくくなります」(福永、以下同)

画像: 右手は上からではなく、横から握ろう

右手は上からではなく、横から握ろう

ポイント 2:左かかとの前に球を置きフェースを開く

「スタンスをオープンにして、左かかと前にボールを置きます。ハンドファーストにならないようにして、フェースを少し開きます」

画像: フェースは少し開く

フェースは少し開く

ポイント 3:ボールの手前からソールを滑らせる

「ポイントは、ゆるやかなヘッド軌道でボールの下にヘッドを潜り込ませること。ボールの手前からソールを滑らせるように振ります」

画像: ボールを直接ヒットするのではなく、手前からソールを滑らせるイメージで振ろう

ボールを直接ヒットするのではなく、手前からソールを滑らせるイメージで振ろう

ドリル:右親指と人差し指を離して打ってみよう

「右の親指と人差し指を離して振ります。最初はティアップして、慣れてきたらマットから直接打ちます。これでヘッドがボールの下をくぐっていく感覚がつかめます」

画像: 「このまま打っていいんです」(福永)

「このまま打っていいんです」(福永)

転がしだけじゃなく、上げるアプローチも習得すれば、スコアもアップすること間違いなしだ。ポイントを抑えつつ、ドリルを試してみよう!

(週刊ゴルフダイジェスト2016年4/4日号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.