ヨーロピアンツアーの公式フェイスブックで、2017年マスターズを制したセルヒオ・ガルシアと前年度優勝のダニー・ウィレットの、ある「数字」が一緒だったということを発表して話題になっている。オーガスタのラッキーナンバーなのか⁉

緑色の「89」は幸運を呼ぶ⁉

ガルシアとウィレットのキャディの胸元をよく見てもらいたい。マスターズでは、キャディが白いツナギに緑色の番号をつける。選手が試合前のレジストレーション(出場登録)をした順番で振り当てられる数字だ。

ガルシアのバッグを担ぐキャディは左胸に「89」を付けた。2016年のダニー・ウィレットのキャディも「89」という数字。2人は、この「89」という数字を付けてマスターズを制している。果たして偶然なのだろうか?

2016年のマスターズに優勝したダニー・ウィレットは、当時妊娠中の夫人がおり、出産予定日が4月10日だったため出場するか迷っていた。大会先週の3月30日に産まれ、大会出場を決意。そのときにつけたのが「89」。2016年マスターズ出場89選手の最後のエントリーだった。

画像: 2016年のマスターズ。キャディの胸元には「89」の数字がある

2016年のマスターズ。キャディの胸元には「89」の数字がある

ちなみに、30年前、1986年マスターズでキャディが「89」を付けたジャック・ニクラスも優勝している。

画像: 1986年マスターズで優勝したニクラスのキャディの胸元にも「89」の数字

1986年マスターズで優勝したニクラスのキャディの胸元にも「89」の数字

マスターたちにとって「89」はラッキーナンバーのようだ。我々もコンペの日、ロッカーの番号が「89」だったら優勝のチャンスがあるかも⁉ 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.