セカンドショットをしっかり素振りをしてから打とうとしたら、振ったクラブが意図せずボールに当たっちゃった! わざとじゃないもの、そのままボールを元の位置に戻せば大丈夫よね?
画像: 大事な一打だもの。しっかり素振りをしなくっちゃ!

大事な一打だもの。しっかり素振りをしなくっちゃ!

フェアウェイからの第2打。大事にいきたいこのショット、しっかり素振りをしてから……と思ったら気合が入りすぎてクラブのヘッドがコツンとボールに当たっちゃった!

画像: コツン! おかしいな~、 ボールから距離をとって素振りしたはずなのに

コツン! おかしいな~、 ボールから距離をとって素振りしたはずなのに

「いっけない! 元に戻しさなくっちゃ」とあわててボールを拾い上げようとしたら、同伴者から「ちょっと待った~!」の声がかかっちゃった。

「実際のストロークでクラブがボールに当たって動いた場合は、『打った』ことになるから、止まった場所から打たないとダメだけれど、今のは打つ意思のない素振りなので、1打罰でリプレースすればいいわよね?」

「この場合は、クラブがボールに当たってボールが動いたわけだから、たとえ素振りで打つ意思がなかったとしても『打った』ことに変わりはないわ。ボールが止まった位置から3打目として打つのが正しい処置じゃないかしら」

さて、正しいのはどっち?

素振りがボールに当たった

  • ボールが止まった位置から打つ

    今回のように練習スウィングで偶然球が動いてしまった場合は、プレーヤーに球を動かす意思がなかったので、ストロークをしたことにならない(定義54)。ただし、プレーヤーは、自分のインプレーの球を動かしたことに対して1打の罰を受け、その球はリプレースされなければならない(規則18-2)。

  • 1打罰でリプレース

    今回のように練習スウィングで偶然球が動いてしまった場合は、プレーヤーに球を動かす意思がなかったので、ストロークをしたことにならない(定義54)。ただし、プレーヤーは、自分のインプレーの球を動かしたことに対して1打の罰を受け、その球はリプレースされなければならない(規則18-2)。

  • ボールが止まった位置から打つ
    57
    1896
  • 1打罰でリプレース
    43
    1415

週刊ゴルフダイジェスト5月2日号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混)

 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.