ドラコン選手でともに最長飛距離が400ヤードオーバーのプロゴルファー・南出仁寛(きみひろ)と身体動作の専門家・岡本啓司。2人とも体格が他のドラコン選手より小柄であるにもかかわらず飛ばせる秘密は、独自のスウィング理論「スプリント打法」にある。まずは「いい構え」からはじめてみよう!

真っすぐ立つことがいい構えの条件!

「正しい構えを作るには、真っすぐ立った状態からセットアップに入ることが大切。真っすぐ立てないと、バランスよく構えることができないので注意してください。まずは、写真のような姿勢ができているかどうかチェックしてみましょう」(岡本)

1:かかとに体重をかける
2:腰から下を鉛直(重力に対して真っすぐ)にする
3:かかとの真上に、腰、胸、頭が乗っている(ズボンのサイドの縫い目が真っすぐになっていればOK)

画像: 猫背になって背中が丸まったり、つま先体重で体が反らないように注意

猫背になって背中が丸まったり、つま先体重で体が反らないように注意

骨盤を立てて構えてみよう

真っすぐ立つことができたら、次は前傾してアドレスをつくっていく。このときにも、チェックポイントがある。

「骨盤の角度をチェックしてみましょう。その場で回転しやすい(体の中心軸がブレない)構えを作るためには、骨盤を立てたまま、腰を丸くして構えることが大切です。骨盤を前に倒し、腰を反らせてしまうと、その場で体を回しにくくなるだけでなく、腰痛の原因にもなるので注意」(岡本)

「腰を反らせず、丸く見えるように構えてください」(岡本)

両つま先を60度に開いて構えよう

「両足のつま先の向きをチェックします。スプリント打法では、ドライバーショットのとき、右つま先を30度、左つま先も30度開いて構えるのが基準。体の構造から見るとこのつま先が『逆ハの字』になった脚のポジションが、もっとも自然な状態だからです」(岡本)

画像: 「両つま先を開くことで体が回りやすくなる効果もあります」(岡本)

「両つま先を開くことで体が回りやすくなる効果もあります」(岡本)

これが400ヤード以上飛ばす「いいアドレス」

「アドレスの作り方は、真っすぐ立ってスタンスを肩幅程度に広げます。そしてクラブをお腹に押し当てて、お腹でクラブを包み込むように前傾。最後に、軽く両ひざを曲げ、腕を垂らしてクラブを持てば完成」(南出)

画像: 「短い番手ほどつま先を閉じていくといいですよ」(南出)

「短い番手ほどつま先を閉じていくといいですよ」(南出)

走るときに頭がブレたら速く走れない。それはゴルフも同じ。頭を動かさず、その場で回転しやすい構えを作ることで、自然と飛距離がアップする。まずは「いいアドレス」からはじめよう!

この記事は、好評発売中の「秘技! スプリント打法のすべて」の内容を抜粋したもの。飛ばしたいなら、必読だ!

写真/有原裕晶

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.