2017年ダンロップ・スリクソン福島オープンで3年ぶりの優勝を果たした宮本勝昌プロ。宮本プロにショットの秘訣を聞くと「上から真っすぐ下ろすだけ」と言う。いったい、どういうことだろう? チームセリザワでプレーを共にする藤田寛之プロと一緒に解説をしてくれた。

下からすくう人は“真上から下ろす”だけでいい

藤田:「宮本くんはダウンブローに打つとか、上からクラブを入れる意識ってある?」

宮本:「いや、ほとんど何も考えない、強いて言えば『上げて下ろす』ということくらいですね」

藤田:「僕も上から入れる意識はなくて、下半身が主導で動くとクラブがストンと落ちる。これが上から入れる感覚なんだけど、『落ちる』と『上から打つ』は相反することなので説明が難しいよね」

宮本:「アマの人は、ボールの少し手前を打ってナイスショットだと思っている人が多いので、そういう人にはボールの頭を叩くくらい思い切り上からクラブを入れてみてください、とアドバイスします。でもそうすると『右肩が被りそう』というけれど、上からクラブを入れられない人は、右肩が下がっているわけだから、右肩が被るくらいでちょうどいいんですよ」

画像: 「ハイフェードを打たせたらツアー屈指だね」(藤田)

「ハイフェードを打たせたらツアー屈指だね」(藤田)

ではどうすれば「上から下」に打てるのか?

左手の甲をボールの先に向ける

「クラブを上から入れるには、インパクトで左手の甲が斜め下を向いていることが条件です。そこでダウンスウィングからは、この左手の甲をボールの少し先に向けて振り下ろしてみてください。上から打てるようになります」(宮本、以下同)

画像: 「左手の甲をグッと向けます」

「左手の甲をグッと向けます」

インパクトで左ひざを地面に向ける

「ダウンスウィングで左のひざが伸び上がったら、クラブが下から入るので、左ひざが伸びないように意識してみましょう。インパクトの直前まで、左ひざを地面に付けるくらいの強いイメージで振れば、上から下りてきます」

画像: 左ひざの向きチェック!

左ひざの向きチェック!

ボールの後ろにコインがあるつもりで打つ

クラブを上から入れるには、ボールの後ろにコインを置いて、そのコインを飛ばさないようにボールを打つ、そんな状況をイメージするといい、と宮本プロ。「下からクラブが入っていた人は、相当左に体をずらさないとコインごと打ってしまうはずです」

画像: ボール1個後ろにコインをイメージ

ボール1個後ろにコインをイメージ

「上から真っすぐ入れる」。この感覚がつかめれば、宮本プロのようなビシッとしたアイアンショットが打てるようになるはずだ。

写真/姉崎正

(週刊ゴルフダイジェスト2017年6/13号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.