林からの第3打目。なんとかグリーンを狙えそうな位置から打てそう、と気合を入れて素振りしたところ、クラブが木の枝に当たって葉っぱがはらはらと落ちてきちゃった! こんなときどうすればいいの?
画像: 「よかった~。ここからなら、グリーンをしっかり狙えるわ!」

「よかった~。ここからなら、グリーンをしっかり狙えるわ!」

セカンドショットが右の林へ。「うわ~、最悪!!」と思いながらボールの元へ行ってみると、なんとかグリーンを狙える位置にとどまっていてくれたみたい。

「よかったわ~。次で載せるわよ!」と気合を入れて素振りをしたところ……。

画像: ガサガサッ! 「あ……!!!」

ガサガサッ! 「あ……!!!」

素振りしたクラブが枝に引っかかり、その勢いで葉っぱがパラパラ……と落ちてきちゃった!

画像: 「問題ないわよね」「これは2打罰よ」

「問題ないわよね」「これは2打罰よ」

「素振りで枝が折れたり、葉っぱが大量に落ちた場合は、『スウィング区域の改善』になるけれど、今のは葉っぱが数枚落ちただけ。こんなにたくさんあるなかで2~3枚落ちたところで状況は変わらないもの。問題ないわよね」

「えー! 本番のスウィングのときなら枝を折ったり葉っぱを落としたりしても問題ないけれど、打つ前の素振りで葉っぱを落としたら、スウィング区域の改善と疑われても仕方がないわ。たとえ2~3枚でも落とした時点でアウトよ!」

さて2人のジャッジで、正しいのはどっち?

素振りで葉っぱが落ちた

  • たとえ2~3枚でも葉っぱが落ちたら2打罰

    プレーヤーは自分の意図するスウィング区域を、生長物を動かすなどして改善してはならない(規則13-2)。ただし、その行為がプレーに対して潜在的な利益を生み出さない場合、規則13-2の違反とはならない。今回のケースも、意図するスウィング区域は実質的な影響を受けていないため、罰はない(裁定13-2/0.5)

  • 葉っぱが数枚落ちた程度なら問題ない

    プレーヤーは自分の意図するスウィング区域を、生長物を動かすなどして改善してはならない(規則13-2)。ただし、その行為がプレーに対して潜在的な利益を生み出さない場合、規則13-2の違反とはならない。今回のケースも、意図するスウィング区域は実質的な影響を受けていないため、罰はない(裁定13-2/0.5)

  • たとえ2~3枚でも葉っぱが落ちたら2打罰
    60
    3211
  • 葉っぱが数枚落ちた程度なら問題ない
    40
    2144

※週刊ゴルフダイジェスト6月13日号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混)

This article is a sponsored article by
''.