ゴルフ場に行くにも、練習場に行くにも、持っていくのはゴルフシューズ。カッコいい大人はシューズケースにもこだわりを持ちたい。今回ご紹介するのは、半世紀以上の歴史がある猪瀬のシューズケース。チョイスコラボのスペシャルバージョンだ。

これぞ贅沢! 本革仕様のシューズケース

ラウンドや練習場にゴルフシューズを持って行くときに必須となるのがシューズケース。ならばシューズケースもカッコいいものを使いたいもの。猪瀬のシューズケースはそんなこだわり人にピッタリな一品だ。

画像: しっとりとした滑らかな革は経年変化とともに柔らかさが増すので、使うほどに質感が馴染む

しっとりとした滑らかな革は経年変化とともに柔らかさが増すので、使うほどに質感が馴染む

猪瀬と言えば、1952年に東京葛飾区で創業。その後は半世紀以上にわたって、有名ブランドの鞄などのOEMを手がけてきた老舗鞄メーカーだ。海外に工場などを一切もたず、創業以来国内生産にこだわり続けている。そのこだわりから生まれる鞄は、数々のコンテストを受賞し、高評価を得ている。

画像: マチは13センチとたっぷりあり、シューズを入れると自立する作りになっている。強度も心配なし

マチは13センチとたっぷりあり、シューズを入れると自立する作りになっている。強度も心配なし

本革のシューズケースは経年変化を楽しめる仕様になっており、使うほどに馴染んでくるのが特徴だ。内側は雰囲気を壊さぬようにキャメル色。中央部のセパレートにより、靴同士がぶつかるのを防いでくれる。シューズはシューズケースに入れなければならない理由が、こういった小さなこだわりから見えてくる。

画像: サイズはH35×W26×D13、カラーはダークブラウンのみ

サイズはH35×W26×D13、カラーはダークブラウンのみ

価格は1万2960円。経年変化を楽しむことができるシューズケースは中々ない。数量限定品なのでご購入を検討中の方はお早めに。

写真/加藤晶

お求めは下記サイトまで。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.