ボールはバンカーの外だけれど、スタンスはバンカー内。この状況から打とうとしたら、テークバックでクラブが砂に触れちゃった! こんなとき、どうしたらいいんだっけ?
画像: 「すごいところに止まったわね~!」

「すごいところに止まったわね~!」

「バンカーに入らなくてよかったけれど、3打目は難しい位置からになっちゃったわ」
「ホント、すごいところに止まったわよね~」

画像: 「大事なショットだもの。足場はしっかり固めて…」

「大事なショットだもの。足場はしっかり固めて…」

ボールはバンカーの外だけれど、スタンスはバンカー内。この状況からのショットに、「よ~し、クラブを短めに握って、思い切り打つわよ」と気合いも十分!

画像: ザザザーッ! 「ああっ!」

ザザザーッ! 「ああっ!」

「ああっ!!」「おっとっと……」
テークバックで、クラブが砂に触れちゃったみたい! 

画像: 「ねぇ、ねぇ! いま、クラブが砂に触れなかった?」

「ねぇ、ねぇ! いま、クラブが砂に触れなかった?」

「たしかに今、うっかりクラブが砂に触れちゃったけれど、ボールはバンカーの外にあるわけだから、バンカーのルールは適用されないんじゃない? ちょっと砂に触れるぐらいだったら問題ないはずよ」。

「ボールはバンカーの外だけど、立っているのはバンカーのなかだから、バンカーのルールに従わないとダメよ。クラブがちょっとでも砂に触れたら2打罰。バンカー内ではもっと慎重にクラブを扱わないとね」。

さて、2人のうち正しいのはどっち?

ボールは外、スタンスはバンカー内

  • ボールがバンカーの外だから罰はない

    プレーヤーは、バンカー内にある球をストロークする前に、バンカー内の地面に自分の手やクラブで触れてはならない(規則13-4)。今回のケースでは、球がバンカー内になく、バンカーに触れてもいないので、規則13-4は適用されない。ただしクラブを砂につける場合はごく軽くつけることを要する(裁定13-4/1)。

  • クラブが砂に触れたら2打罰

    プレーヤーは、バンカー内にある球をストロークする前に、バンカー内の地面に自分の手やクラブで触れてはならない(規則13-4)。今回のケースでは、球がバンカー内になく、バンカーに触れてもいないので、規則13-4は適用されない。ただしクラブを砂につける場合はごく軽くつけることを要する(裁定13-4/1)。

  • ボールがバンカーの外だから罰はない
    76
    1462
  • クラブが砂に触れたら2打罰
    24
    450

週刊ゴルフダイジェスト8月15日号「ゴルルとルール。」より(監修/小山混、写真/姉崎正)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.