夏場のラフからのアプローチは、芝の抵抗が大きくて飛ばなかったり、逆に思ったよりも飛んでしまったり距離感のコントロールが難しい。そんな夏ラフを攻略するには「素振りをして芝から情報を読み取ることが大切です」と話すのは伊藤涼太プロ。夏ラフから寄せる技、教えてもらおう!

大切なのは「逆目か順目か」の判断だ

ラフからのアプローチは、予想外のミスが出るし、飛んだり飛ばなかったり距離感も難しい。どうすれば上手く寄るのだろうか?

「まずはライをよく確認して、どんなミスが出やすいのかをしっかり把握することが大事ですよ」と話すのは、小技に定評のある伊藤涼太プロだ。

「ラフの場合、芝質やボールの沈み方、そして芝目によって、出るミスも距離感もガラッと変わります。とくに芝目の判断は重要で、同じようなライでも逆目の場合は順目よりも難易度が上がります」

画像: 芝の寝方をよく見よう。ピン方向に芝が流れているのが順目。その反対が逆目だ

芝の寝方をよく見よう。ピン方向に芝が流れているのが順目。その反対が逆目だ

芝目は、ライを見ただけで判断できるの?

「大まかにはわかりますが、必ず素振りをしてください。素振りをすれば、クラブヘッドからたくさんの情報が伝わってきます。打ち方や距離感は、それを元に判断することが大事ですよ」

打つ前に芝目の向きを必ず素振りで確認

同じようなライでも順目と逆目では難易度が大きく変わる。ボールの沈み方にもよるが、長い芝の順目のライよりも、芝が短くても逆目のライのほうが抵抗が大きく、食われやすいので要注意だ。

画像: しっかりと素振りで予行演習しよう

しっかりと素振りで予行演習しよう

ボールと同じようなライで素振りをすると、ヘッドが芝を抜けるときの感触でたくさんの情報が得られる。クラブヘッドに神経を集中させて、丁寧に素振りをしよう。「振り抜きの重さはどのくらいか」、「芝の抵抗でフェースは返りやすいか」、「芝の質は重いか軽いか」など素振りをするだけで、色々な情報を得ることができるという。

画像: 芝目がハッキリしない場合、素振りをしてみてもわかりにくければ、向きを反対にしたり横を向いたりしていろいろな方向に素振りをしてみると、抵抗がわかりやすい

芝目がハッキリしない場合、素振りをしてみてもわかりにくければ、向きを反対にしたり横を向いたりしていろいろな方向に素振りをしてみると、抵抗がわかりやすい

肝心な打ち方だが、逆目の場合はフェースを開いてヘッドスピードを上げて振り切ることが脱出のために必要になる。

「フェースを開いて構え、振っても球が飛ばない状態を作っておくんです。ピンが近いときほど極端にフェースを開き、絶対にゆるめないことが大事です」

その際、バンカーショットのようにボールの前後靴一足分を芝ごと打つイメージで打つのがポイント。コックを使ったり、フェースをターンさせたりせずに、体の回転で打っていこう。いずれにせよ“しっかり振る”のが大前提であることを忘れずに。

一方順目の場合は逆目よりも難易度は下がる。ダルマ落としのミスが出ないように、クラブを短く握り、振り子の要領で打っていこう。

「基本はクラブを短く持つことです。そしてボールを右足寄りに置き、少し右体重でボールを拾うように打ちます」

とにかく難しい! というイメージがある夏ラフからのアプローチも、状況を見極め、それに応じた打ち方を選択すれば決してボギー確実というわけでもないのだ。

写真/小林司

(月刊ゴルフダイジェスト2016年9月号より抜粋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.