2017年8月6日に森田遥の初優勝で幕を閉じたmeijiカップ。そんな中、7月末に終わった最終プロテストで新しくプロの仲間入りをした田村亜矢が、プロデビュー戦のmeijiカップで予選を突破、32位タイと健闘した。気になる新人女子プロに話を聞いた。

2回目のプロテストで合格!

こんにちは! バンキシャM子です('◇')ゞ みなさん、meijiカップはご覧になりましたか? 最終プロテスト合格者の中から「プロデビュー戦」として参加した選手も多かったですが、その中でも今回ご紹介したいのは、デビュー戦から予選を突破し32位タイと健闘した田村亜矢プロ。可愛らしい笑顔にビビッときた人も多いのでは?

田村亜矢(たむらあや)。北海道出身。尊敬するプロゴルファーは宮里藍プロ。1997年4月15日生まれで笑顔の可愛い20歳。とにかく宮里藍プロが大好きで、宮里藍プロの背中を追いかけて宮城県の東北高校のゴルフ部で腕を磨いたそうですよ!

そんな田村プロのプロテスト合格時のインタビューをご紹介します。

画像: 北海道出身の道産娘プロ

北海道出身の道産娘プロ

M子:今回プロテストを終えていかがでしたか?

「プロテストは2回目で、昨年悔しい思いをしているだけに嬉しいです。昨年よりは成長できていると思います」

M子:プレーの自己評価はいかがですか?

「今回2回目ということもあり、気持ちに余裕を持ってプレーできました。ショットも安定していたのでいいプレーができていたと思います」

M子:17位タイでのプロテスト通過ということで順位的にはいかがでしょうか?

「順位は気にしていません。このプロテストを通過することが目標だったので、安心しています。この順位だとしても通過できて良かったです」

画像: 真剣なまなざしがカッコイイ

真剣なまなざしがカッコイイ

とのことでした! しょっぱなのデビュー戦から予選通過とは実に心強いですね。今回は北海道の地元開催ということで本人も嬉しかったのではないでしょうか。北海道出身といえば、同じく今年プロテストに合格した小祝さくらプロを始め、藤田光里プロ、菊地絵理香プロと、美人プロそろいですね。

これからの田村プロにも要注目ですよ! ぜひツアー会場でみかけたら声をかけてあげてくださいね!

写真/小林司

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.