アイアンショットは方向性が最重要。とくにグリーンを狙うショットではその精度が問われる。「狙った所へボールが打てるライン出しショット。難しいシチュエーションになればなるほど威力を発揮します」と小平智。2017年シーズン賞金王の有力候補・小平プロに、得意のライン出しを教えてもらった。

腕のローテーションを使わずインパクト

小平プロがアイアンで一番重視していることは?

「やはり方向性でしょう。アイアンは飛距離よりも狙った所へ打てることが大切です」(小平、以下同)

それは、球筋をコントロールするということですよね?

「僕の場合、コントロールショットというと“ライン出し”です。風に影響されにくいですし、距離の計算がしやすいですから。たとえば、アゲンストの場合でも低い弾道で強い球が打てるライン出しなら飛距離のロスを最小限に抑えられます。横風の場合、サイドスピンがかかるのが嫌ですが、ライン出しならその心配がいりません」

通常のショットとの打ち方の違いを教えてください。

「7番アイアンで通常のアイアンショットの場合、ボール位置はスタンスの真ん中。ライン出しの場合は、少しだけ右足寄りになります。あとはフォローを抑え気味にして、クラブをフィニッシュまで振り上げません」

小細工はしない?

「そうですね。通常のショットとまったく同じで、体の回転でボールをとらえています。気を付けているのは、腕のローテーションを使わないこと。左手甲を狙った方向へ向けて、ぶつけていくようなイメージです」

画像: 腕をローテーションさせるとスピンがかかりやすくなるので、コントロールショットでは左手甲を狙った方向へ向けて、目標ラインにぶつけていくイメージ

腕をローテーションさせるとスピンがかかりやすくなるので、コントロールショットでは左手甲を狙った方向へ向けて、目標ラインにぶつけていくイメージ

ライン出しをする際のポイントは、左わきを締めたまま低めのフォローを取ること。ボールをインパクトしたら、それでおしまいのフォローで。左わきをつけたまま、フォローを抑え気味にすれば方向性がよくなる。

画像: 通常のショットより、グリップを短く握ることでシャープに振り抜ける。グリップの力加減は通常と変わらない

通常のショットより、グリップを短く握ることでシャープに振り抜ける。グリップの力加減は通常と変わらない

アイアンショットは「飛距離より方向性」というゴルファーにうってつけなライン出し。ぜひ試してみよう!

写真/大澤進二

(週刊ゴルフダイジェスト2016年10/25号より)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.