ゴルフの疑問にお答えします「これって本当? 実験マルシェ」からゴルフシューズの紐の結び方でスウィングが変わる!? 早速実験してみました?

自分に合った結び方でカスタムしよう!

最近のゴルフシューズはダイヤル式が人気。「ダイヤル式は本当に便利ですよね、でも靴紐には靴紐のよさがあるんですよ」とはシューフィッターの資格も持つ神谷プロ。おススメの結び方を紹介してっもらいました。

足元が”ぐらつく”人は
シングル+かかと補強

画像: 足元が”ぐらつく”人は シングル+かかと補強

画像: ①上から一段下の穴から最下段の穴に裏側から通す ②順番に横に紐を通しながら上まで上がる ③最後は縦に通して一番上の穴に縦に輪を作りその輪の中を通して締める

①上から一段下の穴から最下段の穴に裏側から通す ②順番に横に紐を通しながら上まで上がる ③最後は縦に通して一番上の穴に縦に輪を作りその輪の中を通して締める

この通し方は、通す方向で締まる面を変えられるので、写真と同じように通すと右も左も外側が締まるようになる。トップの穴で輪を作って通すとかかとがしっかりホールドされる。「バックスウィングのトップでもフォローもしっかり踏んばれますね。かかとの補強の通し方は早速試してみます」と今回実験に参加してくれた内海大祐プロ

画像: 右足の側面が締まって緩まないから、トップでしっかり踏んばれる

右足の側面が締まって緩まないから、トップでしっかり踏んばれる

神谷プロのおススメ
指先ゆったり+かかと補強

画像: 神谷プロのおススメ 指先ゆったり+かかと補強

画像: ①左右の紐を同じ長さに合わせて下段からスタート ②一つ目の穴を縦にブリッジさせて甲は交差させる ③下段でブリッジさせて甲から上は交差、最後にかかと補強でバッチリ締める

①左右の紐を同じ長さに合わせて下段からスタート ②一つ目の穴を縦にブリッジさせて甲は交差させる ③下段でブリッジさせて甲から上は交差、最後にかかと補強でバッチリ締める

つま先もラクちん
指先がラクだから横アーチも活かせる

つま先側を締めつけずに甲とかかとのホールド性を高めた結び方。下段で縦にブリッジさせるので上段をしっかり締めても、指先に余裕が生まれる。指先を動かすと親指と小指を結ぶ横アーチを活かせるようになり歩いても疲れにくくなる。

指先が広がると横アーチを使えるようになって疲れにくい

画像: つま先もラクちん 指先がラクだから横アーチも活かせる

左右で結び方を変えてみるのも”アリ”ですね。足のサイズは左右で違うこともあります。ブリッジさせる位置を甲寄りにずらせば甲高の人には締めつけなくて楽ですね。土踏まずの”縦のアーチ”が高いいわゆる”ハヤアシ”の人にもおススメですね。

大事なのはワイズ(横幅)のサイズ

画像: 上記の表はJIS規格の男子のサイズ表です。メーカーによってはこの通りではありませんが、自分のワイズを知っておくのは大切

上記の表はJIS規格の男子のサイズ表です。メーカーによってはこの通りではありませんが、自分のワイズを知っておくのは大切

両足に平均的に体重をかけて立ち、親指の付け根から小指の付け根を通ってグルッと一周メジャーで測ります

月刊ゴルフダイジェスト2016年5月号にて掲載

HONMA

This article is a sponsored article by
''.