これがすべての基本です

「クラブを手で上げない」とはよく言われるワードですが、いざやってみるとかなり難しいですよね。できているつもりで、意外とできていない人が多いんだとか。

わかりやすいレッスンに定評のある芹澤大介プロに聞きました。クラブをカラダで上げるコツはどこですか?

それは、右胸をしっかり回すことなんです。バックスウィングで胸をしっかり回し、その回転に伴って手が動けば、胸と腕の間のスペースが保てます。

画像1: これがすべての基本です

胸が回れば、体と腕が同調し、スウィングの再現性が高まります。結果、ボールをゾーンでとらえられるんです。

胸がつぶれると、いろいろなミスを誘発してしまいます。

↓↓↓↓これはNG↓↓↓↓

画像2: これがすべての基本です

クラブを手で振ってしまうと、このように胸がつぶれてしまいます。クラブの軌道がプレーンから外れ、ヘッドの入り方がバラついてしまい、ダフリやプッシュ、ヒッカケ、スライスなど、あらゆるミスを誘発してしまうので注意して下さい。

それでは、胸がつぶれないためには、どうすればいいでしょうか?

腕が体に振られるのが正しい動きです。重いものを体幹で投げるイメージを持ってください。

腕を振るのでなく、体の回転に伴って、腕が勝手に振られると、バランスよくスウィングできます。一度試してみてくださいね。

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.