【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」
あなたのスウィングここがダメ!

木村友栄プロが、アマチュアゴルファーのお悩みを3つのポイントでわかりやすくレッスンしてくれます!

画像: 木村 友栄(きむら ともはる) 通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

木村 友栄(きむら ともはる)
通称:キムトモ。1976年生まれ。日大ゴルフ部出身。日本学生選手権優勝。現在は、ツアーに挑戦しながらニュー南総GCでレッスン活動も行っています!

画像: 【毎週金曜更新】プロゴルファー木村友栄の「わかりました!」 あなたのスウィングここがダメ!

今回はゴルフ歴30年の柴田兼吾さん。柴田さんは、小技を競う全日本ショートコース選手権に向けてパー3のティショットを正確にしたいとのこと。柴田さんのお悩みをキムトモのレッスンで解決!POINT3つを紹介します。

POINT1
スタンス幅は肩幅、ボールの位置はセンター

柴田さんは、パー3のティショットで引っかけが出てしまうのがお悩みでした。このホールでは9番アイアンを選択しました。ご覧のように、レッスン前のアドレスでは7番や6番アイアンを打つようなボールの位置や構えの大きさでした。

スタンスの幅を狭くして、ボールの位置もスタンスの真ん中に寄せて9番アイアンなりのアドレスに修正しました。

9番アイアンなどのショートアイアンはクラブの長さが短いので、軌道はアップライトでダウンブローに打つクラブですね。ボールを左にセットしてスタンス幅を広く構えてしまうと、ショートアイアンでは引っかけるミスが多くなりますので気をつけましょう。

画像: POINT1 スタンス幅は肩幅、ボールの位置はセンター

POINT2
ボールの先を意識してダウンブローで打つ

ショートアイアンは軽くダウンブローの入射角で当たることが理想です。ティアップしたボールのすき間にフェースを潜り込ませようとするとロフトなりの距離が得られません。

フェースのロフトを少し立てて構えると、イメージしやすいと思います。そうすることによってダウンブローの軌道になりしっかりスピンのかかった力強い弾道でグリーンをキャッチできますよ。

フェースに刻まれているスコアランの下から2~3本めがボールに当たって先のターフをしっかり削るようにしましょう。

画像: POINT2 ボールの先を意識してダウンブローで打つ

POINT3
インパクトでは前傾角度をキープする

体重がつま先側にかかるクセのある方、頭がボール方向に動いてしまう方に多い症状です。インパクト付近で腰がボールに近づくために、手元の通り道が狭くなります。

いわゆる懐が狭いと陥りやすい二つの悪い事例を紹介します。一つはクラブを寝かせて手元が体から離れてフェースも開いて下ろしてくる強いインサイドアウトの軌道です。

開いたフェースでそのまま当たるとプッシュアウト、急激にフェースを返すと引っかけのミスが出る原因となります。

もう一つは懐が狭いために高いところからアウトサイドインの軌道で入射角も強くなります。カット軌道が強くなってスピン量が増えてボールも真っすぐに飛ばしにくいですね。

お尻のラインがボールに近づかないように前後の重心の位置や腰の回転のしかたを注意しましょう。

画像: POINT3 インパクトでは前傾角度をキープする

動画はコチラ!

画像: ㉞パー3のティショット。インパクトでは前傾角度をキープしよう!「キムトモのわかりました」 www.youtube.com

㉞パー3のティショット。インパクトでは前傾角度をキープしよう!「キムトモのわかりました」

www.youtube.com

好評連載中の「木村友栄のわかりました!」や新製品の記者発表など、500本以上の動画が無料で観放題!

画像: https://www.youtube.com/user/GOLFDIGESTTV

https://www.youtube.com/user/GOLFDIGESTTV

GOLF5

This article is a sponsored article by
''.