↓中部銀次郎編はコチラ↓

こだわりは芸術家の域。華麗なるステージ衣装

時計のベルトもニッカボッカに合わせた

人とかぶることを最も嫌ったというペイン。自分のスタイルを確立してからはぶれなかった。ツアーに行くと練習日も含めて同じ服・同じ靴は履かなかったという。そのこだわりは芸術家の域だ。

画像: ツアーにもっていくシューズバッグ。ひとつとして同じ靴はない

ツアーにもっていくシューズバッグ。ひとつとして同じ靴はない

季節やトーナメントに合わせてウェアを選んだというペイン・スチュアート。彼の代名詞がニッカボッカだ。毎試合、練習日も含め靴も服も同じものを着ないというのだからそのこだわりようは徹底している。

当時のペインを知るファッションデザイナーの石津祥介さんに話を聞いた。

画像: 勝負色は赤だというが、調子がいいのは黒だという。勝負色と実際の色が違うというのもペインらしい

勝負色は赤だというが、調子がいいのは黒だという。勝負色と実際の色が違うというのもペインらしい

ゴルフの正統派である中部さんとは対照的。絶対に人とかぶりたくない。いうなれば“お洒落心の正統派”。ニッカボッカってクラシックな感じがするけど、彼が履いていたのは当時としては色や柄が前衛的。モダンニッカボッカって言えますね。もしみんながニッカボッカを履き始めたら彼はニッカボッカを履くのをやめたと思う。それがお洒落心ってやつだからね。

PGAツアーのファッショニスタ!色が選手を作るのか、選手が色を作るのか

最終日にこだわりあり!タイガー・ウッズ

画像: タイガーの最終日用のウェアは“赤”(ユニバーシティレッド)で統一しているという

タイガーの最終日用のウェアは“赤”(ユニバーシティレッド)で統一しているという

タイガーはプレーオフが月曜日にもつれ込んだときも最終日に着た赤いポロシャツを洗って着たとか。

オレンジがトレードカラー!リッキー・ファウラー

画像: サンデーオールオレンジがすっかり定着したリッキー

サンデーオールオレンジがすっかり定着したリッキー

あのオレンジ色は出身大学のオクラホマ州立大のスクールカラー。お洒落なリッキーにキッズのファンも多い。

PGAツアー1のシャレ男!イアン・ポールター

画像: チェックのパンツがトレードマークになっている

チェックのパンツがトレードマークになっている

母国イギリスで熟練した職人が縫製に携わり、製造にもかなりの手間と日数がかかるとか。独特なセンスに石川遼プロも憧れた。

あなたのウェアのこだわりは?

中部銀次郎に学ぶ「ゴルフウェアの正統派」。ペイン・スチュアートに学ぶ「お洒落心の正統派」。あなたはゴルフウェアに何を求めますか?

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.