バンキシャN野です('ω')ノ

今週の男子トーナメントは

日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

国内メジャー第2戦となります。

会場は北海道クラシックゴルフクラブ(7094Yards,Par72)。

”帝王”設計の難コースが舞台

こちらのコースはあのゴルフ界の”帝王”ことジャック・ニクラスが自らの故郷である"ミュアフィールド・ヴィレッジ"をイメージして設計したんだそうです。そんな北海道クラシックゴルフクラブの印象について、練習ラウンド中の藤田寛之プロにお話を聞きました。

「試合では非常に厳しいコースですが、プライベートで回ると本当にワクワクするコースなんですよ。実は過去、プライベートで初めて回った時に78叩いちゃって

それ以来、このコースの戦略性の高さにハマっちゃって、何度もプライベートでラウンドしました。何年か前にようやくアンダーパーが出るようになったんですよ。すごく攻めがいのある、いいコースですね」

とコメント。

そんな北海道クラシックゴルフクラブの上がり3ホールをチェックしましょう!

今週の上がり3ホール解説

No.16 552Yards Par5

画像1: No.16 552Yards Par5

さぁPar.5の16番!まずご覧いただきたいのは、フェアウェイの傾斜。フェアウェイが左サイドの池に向かって傾斜していて、左サイドを狙いすぎると、池に向かって転がってしまいます。

画像2: No.16 552Yards Par5

こちらが2打目地点。池の手前までティショットを飛ばした選手は、2オン狙いも可能ですが、グリーン周りのハザードが気になってきます。ニクラスが仕掛けた罠を随所に感じられるコースとなっています。藤田プロはレイアップして3打目勝負を選択していました。

No.17 163Yards Par3

画像1: No.17 163Yards Par3

続いて待ち受けるのは、ショートホールの17番。

画像2: No.17 163Yards Par3

左側がすべて池になっています。

画像3: No.17 163Yards Par3

グリーンの傾斜がきついので、ピン位置によってはかなりシビアな状況になります。

No.18 483Yards Par4

画像1: No.18 483Yards Par4

そして、18番。軽い左ドッグのホールで、2打目が非常に難しい。最終日はおそらくピンは右サイドに切ってくるはずで、そうなると何かひと波乱起きそうな予感がしますね。

そのグリーン周りを見てみましょう…

画像2: No.18 483Yards Par4

こんなポテトチップのようなうねったグリーン。ラインを読むのが難しい上、グリーン周りのラフもワシャワシャ。アプローチもかなりの精度が要求されそうです…。

グリーンがそこまで速くないと選手が口をそろえて言っていることが、せめてもの救いですね。

そんな今大会、初日を終えてトップは武藤俊憲選手。なんとこの難コースでいきなりの8アンダー!物凄いロケットスタートですね…!

石川遼プロ 5か月ぶりの復帰戦

腰痛により2月から長期離脱していた石川遼プロが今大会で復帰します。練習ラウンドを終えて、石川プロは、

「休養中もラウンドはしていたんですけど、調子がいい時もあれば悪い時もありました。ただ、試合会場で試合のセッティングで回ることは久しぶりで、グリーンのスピードとか練習ラウンドとはいえ、いつもと違うなという感じはありました。試合になったらもっと感じるかもしれませんね」

とコメント。

今回の故障を受けて心境の変化を問われた石川プロ。

「練習をするにしても、試合のための練習というよりは、イメージした球筋を、イメージ通りのスウィングで打てればいいなと思うようになりました。不安要素を消す度に、次の不安要素が出てくるものですけど、とにかく思った通りにクラブを動かすということが一番大事だと考えるようになりました」

と、自分のイメージと身体の動きを一致させるということが、今まで以上に重要だと考えるようになったと話していました。

画像: 石川遼プロ 5か月ぶりの復帰戦

会場周辺の最高気温は20度前後で朝晩は肌寒さを感じます。

腰の痛みを抱える石川プロにとって、寒さは不安要素だったそうですが、

「朝の1番ホールから思いっきり振れたし、心配していたんですが全然大丈夫でした」

と語っていました。石川プロは初日を終えて、5オーバー114位タイ。2日目以降の巻き返しに期待ですね!!(^^)!

また、セガサミーカップで今季初優勝を挙げた谷原秀人プロは

「調子は悪くないし、コースも良い。ショットメーカーが強いコースですよね。林に入れてしまったらすぐボギーになるし。グリーンはまだそれほど速くないですけど、芽もあるし3パットしないように気を付けてプレーしています。日本タイトルですし、頑張りたいです」

と決意を語っていました。1日目を終えて、4アンダーの3位タイといい位置につけています。今週も調子よさそうですね。

さらに今大会、ホストプロを務める池田勇太プロも仕上がりは上々とのこと。

「4日間アンダーパーで行こうという気持ちでいいんじゃないですかね。攻めまくって良いというコースじゃないしですし。守り続けてもダメだし、その時の状況で一つ一つ対処していくことが大切だと思います。」

と、改めて今回のコースの難しさを語っていました。

またリオ五輪出場を辞退する選手が多い中、池田プロは出場について

「気持ちは全く変わらない。予防接種は全英終わってから受けるつもりです」

と、オリンピックに対する強い気持ちを改めて示しました。1日目を終えて5オーバー114位タイとなっています。

果たして誰が難コースを制し、メジャータイトルを手にするのでしょうか?目が離せません!

アクセスはこちら

画像: アクセスはこちら

【車でお越しの方】

千歳・新千歳空港から[約20km / 約30分]
・大会期間中は「駐車場案内看板」と係員の指示に従ってギャラリー駐車場へお進みください。
・カーナビ設定はゴルフ場ではなく、ギャラリー駐車場の住所を入力してお越し下さい。
※満車の際は、他のギャラリー駐車場をご案内させていただきます。
「酪農学園」
苫小牧市植苗100-3 ※各日オープン
「共進会場」
勇払郡安平町早来新栄4-2 ※土日オープン

【電車でお越しの方】

JR南千歳駅より
会場行き無料ギャラリーバスが運行しています。
運行日程
7月6日(水)~10日(日)
運行時間
会場まで片道約35分(交通事情により変動有)
7月6日(水)指定練習日 7:30~(予定)
7月7日(木)・8日(金)予選ラウンド 各日6:00~(予定)
7月9日(土)決勝ラウンド 6:30~(予定)
7月10日(日)決勝ラウンド 6:30~(予定)

放送予定はこちら

テレビ放映BROADCAST
地上波日本テレビ(NTV)系 全国ネット
7月9日(土) 15:30~16:55 生中継全国22局ネット
7月10日(日) 15:00~16:25 VTR/全国31局ネット
7月11日(月) 25:59~26:59 VTR/関東地区
BSBS日テレ
7月9日(土) 27:00~28:25 VTR/地上波再放送
7月11日(月) 4:00~5:25 VTR/地上波再放送
CSCS放送
7月7日(木) 16:00~17:00 生中継9番ホール/日テレG+
23:00~24:30 VTR/日テレG+再放送
7月8日(金) 7:00~13:30 生中継1番&9番&後半ホール/日テレG+
7月9日(土) 8:15~12:30 生中継1番ホール/日テレG+
12:30~15:30 生中継9番&後半ホール/日テレNEWS24
24:00~25:30 VTR/日テレG+再放送
7月10日(日) 7:30~10:15 生中継1番ホール/日テレG+
10:15~12:15 生中継9番ホール/日テレNEWS24
19:00~22:30 VTR/日テレG+再放送

大会公式HPはこちら↓↓

写真/有原裕晶

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.