ケンジロウです。北海道の千歳よりお届けしております。

今週のトーナメントは日本プロゴルフ選手権。そこの試合会場で、グラファイトデザインの新しいシャフトを発見しました。

画像: 【速報】ツアーADの新作登場!
その名も「TP」

フジクラのエボ3、三菱のディアマナBF、マミヤのアッタスパンチに続いて、いよいよ王者グラファイトの登場というところですかねf^_^;)

それにしても今年は動きが早いですね〜。以前は新製品のシャフトが出揃うのは最終的に8月末ごろでしたからね。年々早まってるのは間違いないですね(-_-)

DIに少しだけ
弾きを出した感じ

ではそのシャフトをじっくり見てみましょう。

画像1: DIに少しだけ 弾きを出した感じ

おっ、今回はシルバーですね!渋い色できましたね〜。なんか締まった感じてカッコいい♪
名前はツアーADの「TP」だそうです。

えっ、TP?なんかPTみたいな感じだなぁ。TPとかPTとかあると、なんかこっちは書き間違えてしまいそうですね(>人<;)

TPとは"TOUR PROVEN"の略で、「ツアーで実証された」というような意味合いのようです。
TOUR PROVEN?どこかで聞いたことあるような。ミズノのアイアンでそんなのありましたね‥(-_-)

今回からツアーADのロゴも一新しまして、このようになりました。TOURとADの間のハイフンがなくなりましたね。これからはこのロゴで統一していくそうですよ。

画像2: DIに少しだけ 弾きを出した感じ

さて、気になるその性能はというと、どうやらですねぇ、

DIに少し弾き感を出したシャフト

だそうなんです。

DIといえば松山英樹をはじめ、多くのスウィンガーが愛用するしっかりとしたタイプの叩けるシャフトです。叩きにいっても先が走りすぎず左にいかないので、プロから高評価を得ています。

画像: DIを好んで使用する松山。彼も新しいTPを試しているとのこと

DIを好んで使用する松山。彼も新しいTPを試しているとのこと

そのDIに比べて少しだけ中の先のほうがしなるようにさせたシャフトだと言うんです。先端が走りすぎず粘ってくれるという特徴は残しつつ、切り返しで多少のしなり感を感じられる、そんなシャフトだと言うんです。

「DIのしっかり感は欲しいけど、DIだとちょっとハードなんだよなと感じている人には、ほんとハマるシャフトだと思いますよ」とは、グラファイトデザインのツアー担当・本吉興毅さん。

画像3: DIに少しだけ 弾きを出した感じ

「手元側が太くて先端に向けてテーパーがかかっているんです。ちょうど縞の模様の部分までDIと同じ、そこから中間の先のほうまでがしなるようになっています。先端はDIのように締まっていて粘ってくれますよ」(本吉さん)

画像4: DIに少しだけ 弾きを出した感じ

なるほど〜。DIはプロでもしんどい人がいましたからね。これはユーザーが増えそうな予感。スプーンとかクリークに入れる人も出てきそうですね(-_-)

ちなみにこのグレーのカラーリング、関係者によれば、マキロイのクラブにヒントを得たそうですよ。

マキロイのクラブはこちら。

画像5: DIに少しだけ 弾きを出した感じ

分かりますか?マキロイはグレーのディアマナにブルーのヴェイパーですよね。このシャフトのグレーの色がヘッドの青色を引き立たせてくれると言うんです。確かに今回のTPの薄めのグレーは、主張しすぎることなく控えめですよね。よりヘッドを感じられそうな気がします(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

色のあるシャフトを毎年出してきた中では、今回のこのグレー色はなんか新鮮ですね。派手な色に抵抗のある選手は、けっこう使いたがるかもしれませんね。

今回はここまで。次回は実際にこのTPをプロが打った使用感をお届けします(・Д・)ノ

写真/有原裕晶

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.