腕力は男性のアマチュアに劣るにも関わらず、高弾道のドローボールで男性アマ以上に飛ばす女子選手がいるのはどうしてなのか?

6月21日に発売された月刊ゴルフダイジェスト8月号の巻頭にてその謎に迫っています。

キュートなルックスで人気急上昇中の斉藤愛璃プロ。可愛らしい容姿もさることながら、その細い身体から繰り出される250ヤードに迫るドライバーショットも魅力なんです。

なんでそんなに飛ばせるの?

斉藤プロにコツをレッスンしてもらいました!

手元の浮き上がり
グッとこらえて

まずは、斉藤プロのスウィングからご覧いただきましょう。

無駄な力が入っていない、スムーズなスウィングですよね。

斉藤プロによれば、

「低く抑えてインパクトにつなげたいんです。早く起き上がってしまうと、スウィングアークが小さくなってしまうし、ヘッドも走らなくなるので飛ばないですよね」

手元が浮くとスウィングが小さくなってしまう

インパクトゾーンで手元が起き上がるのをしっかり我慢することで、自然とヘッドが走り飛距離が伸びるということなんですね。

下半身が粘ることでスウィングワークが大きくなりヘッドが走る

いかに手元を浮かさずインパクトするかがポイントだそうです。

そこで斉藤プロが重点的に取り組んでいるのが、下半身の強化。さらには腹筋、背筋のトレーニングも行っているとのこと。

画像: 下半身をしっかり意識してスウィングすることが大切

下半身をしっかり意識してスウィングすることが大切

やはり飛距離を伸ばす上で、強靭な下半身は欠かせないんですね。

「公にされると恥ずかしいですけど…」

と照れながらも教えてくれました(*'▽')皆さん、ここだけの話にしておいてください。

いかがでしたか?
月刊ゴルフダイジェスト8月号では、さらに詳しく飛ばしのコツを掲載しています。ぜひご覧くださいね!

写真/有原裕晶

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.